おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
てのひらむかしばなし だんだんのみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

てのひらむかしばなし だんだんのみ

  • 絵本
作: 長谷川 摂子
絵: 福知 伸夫
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥760 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り4

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年11月
ISBN: 9784001163704

3・4歳から
四六判変型・上製・36頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

お腹が痛いととさんは、かえるをペロリとのみこんだ。
かえるが腹の中にいた虫をたべたけれど、今度はかえるがはねて苦しい。
ならばへびを、きじを、猟師を、鬼を――。豆まきへと展開するゆかいな版画絵本。

てのひらむかしばなし だんだんのみ

ベストレビュー

だんだんの『実』だと思ってました。

読み聞かせを長くやっている人が、口を揃えて「昔話はいいよ」というので、なんとなく目に入った昔話(この絵本)を読んだんです。もう、サイコー!でした。
日本の昔話に、こんな面白いものがあったなんて…。感動しました。
初め、絵本を手にしたときは、題名の意味をだんだんの『実』だと思っていたんです。
ところがどっこい、この題の意味は「だんだん、飲み込んでいってしまう」って、ことだったんです。
まぁ、虫とかカエル、ヘビくらいまでは飲む人もいるでしょう。でも、ここまでの飲み込む人がいたら、その人は人間じゃない!!
そのくらいすごい飲みっぷりでした。
なぜ、そうも飲み込まなければいけないのかは、読んでのお楽しみです。
そして、この絵本で忘れてはいけない重要なキャラクター、お寺の和尚さん。いい味出てますよ〜。
ぜひ、お子さんたちと転げ回って(大笑いして)、読んでください。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


長谷川 摂子さんのその他の作品

ぐやんよやん / はちかづきひめ / まほうのコップ / 家郷のガラス絵 出雲の子ども時代 / 絵本が目をさますとき / さくら

福知 伸夫さんのその他の作品

ぱか ぱか / ふじさん おはよう / なにしてあそぶ? 福知さんちの親子あそび日記 / こちょこちょ / びんぼうがみさま / わっしょい わっしょい



『こどものアトリエ』西巻茅子さんインタビュー

てのひらむかしばなし だんだんのみ

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット