レモンちゃん  レモンちゃん  レモンちゃん  の試し読みができます!
作・絵: さとう めぐみ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
レ、レ、レ、レモン、モン♪ ステキな おともだち できるかな〜♪
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ヴィンニ!(4) われらがヴィンニ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヴィンニ!(4) われらがヴィンニ

  • 児童書
作: ペッテル・リードベック
絵: 杉田 比呂美
訳: 菱木 晃子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ヴィンニ!(4) われらがヴィンニ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年06月
ISBN: 9784001156300

小学3・4年から
A5判・上製・142頁

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

先生が病気で学校を休んでいる間,代わりの先生に男の子とまちがえられ,傷ついてしまうヴィンニ.アレックスともすれちがってばかりだし,パパも新聞社をクビになってしまいます.そんななか,元気になった先生がもどってきて,学年最後のさよならパーティーが開かれることに.別れと旅立ちの春――泣いて笑って,ヴィンニ・シリーズ,感動の最終巻です

ベストレビュー

スウェーデンでは3年で、一旦卒業

全4巻でシリーズ全体としてはヴィンニの約1年間を描いた物語です。
パパとママが離婚していて、それぞれの生活があるけど、二人にとってはヴィンニは「大切な娘」。
離婚はしているものの、この終わり方だと、もしかしたらまた新しい春が生まれるのかしら?という感じにも思えました。

また、はなびやさんも書いていらっしゃいましたが、3巻の終わりの方から、ヴィンニと担任の関係が良好になり、
ラストの方では担任なりのクラスの子どもたちへの教師愛がしっかり描かれていて、読んでいて素敵な気持ちになりました。

スウェーデンでは1,2,3年で一括りの学校単位のようです。4,5,6年の高学年になることは日本の感覚だと中学へ上がるようなものなのかもしれません。
だから、最後の担任との別れはひとしおでした。

1つ1つのセンテンスが短く、かといって、コロコロ話が変わるわけではないので、とても読みやすかったです。
菱木さんの邦訳も素敵でした。また、個人的に杉田比呂美さんの挿し絵も大好きで、読んでいて楽しかったです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子19歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ペッテル・リードベックさんのその他の作品

ヴィンニ!(3) イタリアへ行く / ヴィンニ!(2) ヴィンニとひみつの友だち / ヴィンニ 美装ケース入り4冊セット / ヴィンニ!(1) 日曜日島のパパ

杉田 比呂美さんのその他の作品

かまってシロイルカ / ゆうだちのまち / ぼくたちの相棒 / 続・12月の夏休み / 12にんのいちにち / 謎の国からのSOS

菱木 晃子さんのその他の作品

巨人の花よめ / のんびり村は大さわぎ!  / トムテと赤いマフラー / はじめての北欧神話 / トーラとパパの夏休み / ニルスが出会った物語 (6) 巨人と勇士トール



イラストや付録でくつひもの通し方と結び方の練習ができちゃう!

ヴィンニ!(4) われらがヴィンニ

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット