しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
おもいでをなくしたおばあちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おもいでをなくしたおばあちゃん

作: ヤーク・ドレーセン
出版社: 朝日学生新聞社

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,000 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

認知症の話。歌は家族を救う。

認知症になってしまったおばあちゃんを施設に訪ねる娘と孫娘のおはなしです。
物語は孫のペトラの目線で語られています。
ママ〈自分の娘〉を見てもそれが誰だかわからない。幼くして死んでしまった妹のことは分かるのに。
つらいだろうに、そのつらさを心に収めて淡々とおばあちゃんの世話をしたり会話をしたりしようとするママをじっと観察するペトラ。
最後はある歌が家族をつないでいることがわかって、ちょっとホッとします。

依然見ていた認知症の報道番組でも、認知症の治療には歌がいい。それも、子どもの頃や若い頃聞いたり歌ったりした歌は、症状の進行を抑えるどころか、快方に向かった患者もいるらしいのです。

絵本は片面に文字、片面が絵で作られています。
文字は大きく読み易いし、絵も1つ1つ大きくはっきりとした戦で描かれています。
「認知症」というちょっと重いお話ですが、何かテーマを決めて小学校高学年から中学生・高校生などに紹介できたらいいなと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヤーク・ドレーセンさんのその他の作品

かぞえてかぞえてたんじょうび!



ねえ、「コワイ」って、もってる?

おもいでをなくしたおばあちゃん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット