おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
おもいでをなくしたおばあちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おもいでをなくしたおばあちゃん

作: ヤーク・ドレーセン
出版社: 朝日学生新聞社

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おもいでをなくしたおばあちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

認知症の話。歌は家族を救う。

認知症になってしまったおばあちゃんを施設に訪ねる娘と孫娘のおはなしです。
物語は孫のペトラの目線で語られています。
ママ〈自分の娘〉を見てもそれが誰だかわからない。幼くして死んでしまった妹のことは分かるのに。
つらいだろうに、そのつらさを心に収めて淡々とおばあちゃんの世話をしたり会話をしたりしようとするママをじっと観察するペトラ。
最後はある歌が家族をつないでいることがわかって、ちょっとホッとします。

依然見ていた認知症の報道番組でも、認知症の治療には歌がいい。それも、子どもの頃や若い頃聞いたり歌ったりした歌は、症状の進行を抑えるどころか、快方に向かった患者もいるらしいのです。

絵本は片面に文字、片面が絵で作られています。
文字は大きく読み易いし、絵も1つ1つ大きくはっきりとした戦で描かれています。
「認知症」というちょっと重いお話ですが、何かテーマを決めて小学校高学年から中学生・高校生などに紹介できたらいいなと思います。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子20歳、女の子15歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。

ヤーク・ドレーセンさんのその他の作品

かぞえてかぞえてたんじょうび!



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

おもいでをなくしたおばあちゃん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット