すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
雨のにおい星の声
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

雨のにおい星の声

  • 絵本
作: 赤座憲久
絵: 鈴木 義治
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

ハンディキャップをもつ子どもたちの詩や作文を紹介し、生きるとは何かと問いかける。◎第35回サンケイ児童出版文化賞 第6回新美南吉児童文学賞 第34回課題図書

ベストレビュー

目が見えない子たちの世界

この絵本。子どもにはあまり受ける本ではありませんでした。
しかし、何かを感じ取っていたように思います。
目が見えないってどんなことだろう。自分たちは勝手に想像するけど、実際の当人たちがこれほどの感性をもって周りの世界をみているのかと思うと、ただただすごいと思うばかりです。
土のにおい、風の形、自分自身の姿、知らない世界の形、etc。
彼らの感性は研ぎ澄まされていて、私たちが普段当たり前にして見過ごしたり、無関心だったりすることが、とても大きなことなのだと感じました。
多分、息子も自分の感じ方と、この絵本の中で紹介されている目の不自由な子どもたちの感性の違いについて、考えていたのだと思います。
たまには、こんな本を読んであげることも大切かと思います。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


赤座憲久さんのその他の作品

マブニのアンマー おきなわの母 / 波照間からの旅立ち / たのむよ、盲導犬イエラ / ぼくは盲導犬のサポーター! / さいたさいた百十郎桜 / 盲導犬になれなかったジョリー

鈴木 義治さんのその他の作品

家族 / みつばちぶんぶん / きょうのおはなしなあに 春 / きょうのおはなしなあに 秋 / きょうのおはなしなあに 夏 / かえってきた小おに



『いちにちじごく』作者インタビュー

雨のにおい星の声

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット