ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
海のサバイバル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

海のサバイバル

文: 洪在徹
絵: 鄭俊圭
出版社: 朝日新聞出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

内容紹介

ドゥリとリナはお父さんと一緒にマリアナ海溝へボートで出かけるも、海で漂流することに。飲み水までなくなり、絶望の中であえぐ彼らを血に飢えたサメが襲撃する…。楽しみながら知識が身につくサバイバル科学漫画。

ベストレビュー

一番好きみたいです

サバイバルシリーズの中で、息子は、この海のサバイバルが一番好きみたいです。
この本は、海で取り残されたらどうすればいいのか、という実用的な知識が楽しく身に付きます。たぶんそんなことないだろうけど、それでも海水から水を取り出す方法とか、食べ物を消化分解するのに水が必要とか、サメの見分け方とか、大人でも「へ〜」となる知識が満載でおもしろい。
サバイバルシリーズの中でも、これぞまさにサバイバル、という感じの1冊でした。

(みっとーさん 30代・ママ 男の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


洪在徹さんのその他の作品

アンコール・ワットのサバイバル2 / アンコール・ワットのサバイバル1 / 台風のサバイバル / ヒマラヤのサバイバル1 / 極寒のサバイバル / 洞窟のサバイバル

鄭俊圭さんのその他の作品

火山のサバイバル / サバンナのサバイバル



『こねて のばして』ヨシタケシンスケさんインタビュー

海のサバイバル

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット