ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
海のサバイバル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

海のサバイバル

文: 洪在徹
絵: 鄭俊圭
出版社: 朝日新聞出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

内容紹介

ドゥリとリナはお父さんと一緒にマリアナ海溝へボートで出かけるも、海で漂流することに。飲み水までなくなり、絶望の中であえぐ彼らを血に飢えたサメが襲撃する…。楽しみながら知識が身につくサバイバル科学漫画。

ベストレビュー

基本はギャグ漫画

図書館で予約して早半年。待てど暮らせど順番が来ないので絵本ナビさんで購入しました。こちらのシリーズは前から人気なので知っていましたが読むのは初めてでした。

息子は「くくくくっ」「ふ‥ふふ、ふ」「ぷぁっははは!」と、漫画でここまで笑うのは初めて見たので驚きました。読後、「笑い過ぎて死ぬかと思った。」と言っていました。
私は、大人だからか女だからなのか、ガチャガチャした絵もストーリーも全く面白くありませんでしたけど、我が子は、「このシリーズまた買って!」と言ってます。
学校での勉強に直結する内容とは言えませんけどギャグ漫画のあちこちにそれらしいことが書いてあり多少は知識が身につくかもしれません。サバイバル生活がメインに描かれているので、万が一、船が漂流したときにきっとこの本の内容が役に立つはずです(笑)
(lunaさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


洪在徹さんのその他の作品

アンコール・ワットのサバイバル2 / アンコール・ワットのサバイバル1 / 台風のサバイバル / ヒマラヤのサバイバル1 / 極寒のサバイバル / 洞窟のサバイバル

鄭俊圭さんのその他の作品

火山のサバイバル / サバンナのサバイバル



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

海のサバイバル

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット