十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【数量限定】あの名作が詰まった 『限定復刊・こどものとも復刻版Cセット』 残りわずかです!
うしとトッケビ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うしとトッケビ

  • 絵本
作: イ・サンクォン
絵: ハン ビョンホ
訳: おおたけ きよみ
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

「うしとトッケビ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年03月
ISBN: 9784901006675

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

トッケビとは、おばけのこと。ある雪の日、トルセが牛をつれてかえり道を急いでいると、ひょっこりトッケビの子が現れました。トッケビの子は術を使うのに必要な大事なしっぽを犬にかまれてしまったのです。
かわいそうに思ったトルセはトッケビの子の願いをきいて、牛のお腹の中で休ませてあげることにしました。ところが、約束の日になってもなかなかトッケビの子が出てきません。
牛のお腹は日に日に大きくなり、トルセは大慌て。そこへ「おいしい物を食べすぎて、ふとって牛の喉を通ることができなくなった」というトッケビの子の声が聞こえてきたから、さあ大変。
トッケビの子は牛のお腹の中から出られるのでしょうか? 韓国でも大人気、トッケビ小僧のお話です。

ベストレビュー

韓国絵本

韓国絵本に興味があったのでこの絵本を選びました。登場したトッケビがとても可愛らしかったです。男の人の表情の変化もとても魅力的に描かれていました。ハンビョンホさんの絵がとても気に入りました。色が複雑で何色も重ね合わせて一つの色を作り出している所がとても良かったです。少し昔の韓国の人たちがどんな服を着ていたのかも興味が出る絵本だと思いました。ストーリーも面白いし、何度も読みたくなる絵本でした。
(ぴょーん爺の娘さん 30代・ママ 女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イ・サンクォンさんのその他の作品

パパといっしょに

ハン ビョンホさんのその他の作品

あかちゃんが ぴたっ / パンチョギ / ヘチとかいぶつ / トッケビのこんぼう

おおたけ きよみさんのその他の作品

とうきび / ハンヒの市場めぐり / とんぼ / 日・中・韓平和絵本 非武装地帯に春がくると / 景福宮 朝鮮王朝の王宮 / 韓国のお正月



風変りで美しい表現方法がたくさん!

うしとトッケビ

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.64

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット