庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
こりすのはつなめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こりすのはつなめ

  • 絵本
作: 浜田 廣介
絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年03月
ISBN: 9784323038810

幼児から
31.0×22.9cm 32ページ

出版社からの紹介

いもとようことひろすけ童話の夢のコラボレーション!
大人になっても忘れたくない、そんな名作絵本!
「木の実やブドウの汁を手にすり込んでおいて、冬眠から覚めた時にその手をペロッとなめてみるといいよ」−そうくまさんに教えられたリス。
くまさんより先に目覚めたリスがくまさんの手をペロッとなめてみると…。
<画家から>
大人になっても忘れたくない名作絵本
一度読んだら忘れられない日本の名作童話、浜田廣介・新美南吉・宮沢賢治・坪田譲治に代表される永遠の名作……その中には現代の日本が失くしてしまっている「美しく、やさしい日本の心」が脈々と息づいています。
これらの名作は私にとって「忘れられない…忘れたくない…忘れてはいけない…大切な宝」です。
このすばらしい日本名作を次世代に伝えていきたい一心でこのシリーズに取り組んでいます。(いもとようこ)

ベストレビュー

心がほわっとなる絵本

はつなめって何だろう?と思って手に取ったのですが、あまりにも素敵なお話に心がすーと温かくなりました。

秋の日に、ぶどうを食べていたリスさん。でもクマさんは食べるのではなく、手にぶどうの汁をすりこんでいます。
何でだろう?と思っていると、「こうして木の実やブドウの汁を手にすり込んでおくと、冬眠から覚めた時にその手をペロッとなめると美味しいんだよ」と教わったリスさん。
春になって少し早く目覚めてしまったリスさんは、眠っているクマさんのおててを舐めにいくと・・・
りすさんの表情がとっても可愛くて、ついついこちらもその味を想像しちゃいます。

この「はつなめ」という言葉は浜田廣介さんの創作した言葉らしいですが、本当にその表現がぴったりの絵本でした。
いもとさんのフワフワとした優しい挿絵がまたその可愛らしい世界にぴったり♪
心がほわっとする絵本でした。
(Sayaka♪さん 20代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


浜田 廣介さんのその他の作品

ないたあかおに / 泣いた赤鬼 / こりすのはつなめ / りゅうのめのなみだ / 紙芝居 よぶこどり / こりすのおかあさん

いもと ようこさんのその他の作品

ピノキオ / きつねのがっこう / てんこうせいはつばめくん / ながぐつをはいたねこ / おふろ / おにはそと!ふくはうち!



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

こりすのはつなめ

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.42

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット