十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
あたしいいこなの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あたしいいこなの

作・絵: 井上 林子
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「あたしいいこなの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年03月
ISBN: 9784265069538

出版社からの紹介

あたしいいこなの。ようちえんにいくときに、ぺんちゃんをおいていくから。あさねぼうしないで、ひとりでおきるから、おかたづけだって、きちんとやるし、でもほんとはね。
★2004年NPO法人キッズエクスプレス21主催 創作童話・絵本コンテスト 文部科学大臣奨励賞

ベストレビュー

すべてのお兄ちゃん・お姉ちゃんに!!

下の子が生まれるときに、ぜひ読んであげてほしいです。

主人公のりりこちゃん、本当に頑張ってます。
いい子でいようと、他の子がどんなにやんちゃをしても、頑張っていい子でいます。「本当はこうしたいのに」と思いをはせながらも、けなげに頑張ってます。

一番の頑張りは「赤ちゃんが生まれるためにママが帰ってこないとき」。このシーンの「でも本当は・・・」のページでは思わず涙ぐんでしまいました。
その後のママの「りりちゃんおいで。。。いい子ね」と上の子を認めてあげるフォロー、ぜひとも参考にしましょう!!

息子たちに読み聞かせてあげたら、長男は弟が生まれたときのことを思い出したようで、赤ちゃん誕生のシーンではにんまりとして、を何度も何度も読んでほしいとせがまれます。
(ゆったり♪さん 40代・ママ 男の子6歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ

井上 林子さんのその他の作品

11歳のバースデーおれのバトル・デイズ 10月7日伊地知一秋 / 11歳のバースデー わたしの青空プール 8月10日夏木アンナ / 11歳のバースデー あたしだけのスマイル・リップ 5月8日春山ましろ / ラブ・ウール100% / 3人のパパとぼくたちの夏 / 宇宙のはてから宝物



「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

あたしいいこなの

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット