虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
スケボウさん 40代・ママ

虫がかわいくみえるかも♪
私は虫が苦手です。 でも娘はちっとも…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
バスにのって
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

バスにのって

  • 絵本
作・絵: 荒井 良二
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1992年
ISBN: 9784032044904

出版社からの紹介

広い砂漠のまん中にあるバス停で、遠くへ行こうとしている旅人がバスを待っています。読者をふしぎな空間へいざなう絵本。

ベストレビュー

荒井良二さんと重なるぼく 歩いて行くの 

荒井良二さんの絵本は 何冊か読みましたが この絵本は荒井良二さんが ぼくの姿に重なってきます

私はこの絵本が すごく気に入りました!

バスに乗ってどこへ行くつもりだったのでしょうね(荷物がいっぱい)

バス停で待っていると いろんな人が通ります

ラジオをつけたのは 退屈になったのかな? その絵がおもしろい 首長ぞくの女の人がいる!
みんなが 楽器ならして 「トントンパットン  トンパットン」このリズムが 良いんです、何だかウキウキする リズムなんです。

自転車の荷台が 懐かしく かわいい女の子が乗ってるのも 楽しい!

夜になってのんびり ねむる こんな ぼくの 豊かさにあこがれます
時間に追われず 自分の楽しみ方を知っているぼく

バスがきた〜  えっ! 満員!  

「むりですか」 「むりだね」

ぼくは 怒らないんだ こんな人 好きになりました! 

落ちがいい!(こんな 時間の流れに あこがれます)

どこに行くのかな??
(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


荒井 良二さんのその他の作品

こどもたちは まっている / あいうえおさん / まよなかのくしゃみたいかい / きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ  / 水の絵本 / まめしば



西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

バスにのって
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット