うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
しあわせの石のスープ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しあわせの石のスープ

作・絵: ジョン・J・ミュース
訳: 三木 卓
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「しあわせの石のスープ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年01月
ISBN: 9784577029664

対象年齢: 4歳から

この作品が含まれるテーマ

みどころ

これは「石のスープ」のおはなしです。
「えっ、石のスープ?」と、誰もが不思議に思いますよね。
石のスープって、どんなものなのだろう・・・そんな好奇心が、このスープの味付けなのです。

舞台は中国。戦争や災害で村人の心がすさみ、自分の事しか考えなくなってしまった村に、3人の旅の僧が立ち寄ります。他人に無関心な村人たちは、誰も僧たちに気を留めません。でも僧たちが「石のスープ」を作り始めると、好奇心から村人たちは窓を開け、徐々に鍋の周りに集まり・・・そして僧の言葉に応えて次々と食材を持ち寄り、ついにはできあがったスープを囲んで交流をはじめるのです。

各地に伝わる民話をもとにしたおはなしで、類似の絵本もいろいろ出ています。そのなかでこの作品の優れているところは、僧たちが村人を騙すのではなく、気づきを与えることで、村人たちに他人と触れ合う楽しさや喜びを思い出させてくれるというところ。読んだ後にあったかい、幸せな気持ちになれるのです。

(金柿秀幸  絵本ナビ事務局長)

出版社からの紹介

中国のお話。村人たちがお互いを信頼できなくなっている村を、三人のお坊さんが訪ねます。石でおいしいスープを作るというのです…。

ベストレビュー

人とわかちあうことが幸せの始まり

登場するのは灰色の服をきた3人のお坊さん。
表紙をめくっても色はありません。
娘達が自ら手に取ることはなかった絵本かもしれません。

「人を幸せにするものは何でしょうか」と若いお坊さんがたずねます。
その答えがきっと見つかるはずだと思ったのか
娘達は最後までじっと聞き入っていました。

旅人を寄せ付けない灰色の村で
お坊さんが石のスープを作り始めると
勇気ある女の子が石と鍋を持ってきます。
鍋から煙が出始めると次第に人が集まり、
それぞれが材料を持ち寄ります。
それまで人のために働くことのなかった村人が
みんなで作るスープを旨くするために力を合わせ始めたのです。

答えは見つかりました。
幸せは石のスープをつくるのと同じくらい簡単なことで
誰もが平等に得ることができるものなのだと思いました。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ジョン・J・ミュースさんのその他の作品

3つのなぞ / まちのいぬといなかのかえる / シズカくんとクーちゃん / パンダのシズカくん / ふれ、ふれ、あめ!

三木 卓さんのその他の作品

鹿姫ものがたり / 「えいっ」 / 英日CD付 英語絵本 ふたりはともだち Frog and Toad Are Friends / ぽたぽた / おやゆびひめ 講談社のおはなし絵本箱 / としょかんねこデューイ



たたかえ!じんるいのために!

しあわせの石のスープ

みんなの声(27人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット