話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
とっときのとっかえっこ

とっときのとっかえっこ

  • 絵本
作: サリー・ウィットマン
絵: カレン・ガンダーシーマー
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 童話館出版

税込価格: ¥1,430

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「とっときのとっかえっこ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784924938342

およそ6〜7才から
ページ数:32ページ  サイズ:縦23cm × 横17cm

この作品が含まれるテーマ

おはなし

 バーソロミューは、ネリーのお隣に住むおじいさん。ネリーが赤ちゃんだったころ、毎日ネリーをカートに乗せて散歩に連れていった。ヨチヨチ歩きのネリーとだって一緒だった。バーソロミューが杖を使うようになっても二人は歩いた。ゆっくり、ゆっくり、階段を上るときは二人ともてすりをつかんで。ネリーが小学生になった頃、バーソロミューは階段でころび、入院。しばらくして車椅子に乗って退院してきた。

みどころ

 ネリーの成長につれて、年を取るバーソロミュー。子どもの成長と老人の老いが、ご近所のあたたかいまなざしと季節の移り変わりの中に描かれた秀作です。両者のお互いを見つめる視線がやさしくて、すてきな友情に心があたたかくなりますよ。二人の表情が人なつっこく、一度見たらとりこになりそうなほど笑顔が生きています。色使いの少ないペン画が、米国のほのぼのとした町並みの中に、ゆったりとした時の流れを巧みに描き出しています。
――(ブラウンあすか)

ベストレビュー

おたがいを思い、助け合う事

ネリーとおとなりのおじいさんは、大の仲良し。ネリーが赤ちゃんの時は、おじいさんがベビーカーを押してお散歩に出かけます。月日がたち、今度はおじいさんが車椅子になると、ネリーがおじいさんを押してお散歩。昔と今「とっかえっこ」だね。というお話です。手を貸すこと、手を出さずに見守る事、相手のことを思う気持ちがとてもさりげなくかかれた優しい本です。

(ゆうりもさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷川 俊太郎さんのその他の作品

ぼくとがっこう / うそ / オサム / ありがとう / 完全版 ピーナッツ全集 25 スヌーピー1999 〜2000 / 完全版 ピーナッツ全集 24 スヌーピー1997〜1998


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > とっときのとっかえっこ

出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

とっときのとっかえっこ

みんなの声(32人)

絵本の評価(4.79

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 27人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット