30000このすいか 30000このすいか 30000このすいかの試し読みができます!
作: あき びんご  出版社: くもん出版
ある夜のこと。30000このすいかが「食べられてはたまらん!」と畑から逃げ出した! すいかたちの脱走劇の結末はいかに!?
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
おじいちゃんのふね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじいちゃんのふね

  • 絵本
作・絵: ひがし ちから
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784893095244

185×250mm 32P 上製 hard cover

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

おじいちゃんのふねは、大きな一本の木からつくられた。かんたくんは、おじいちゃんといっしょに、ふねに乗るのが大好き。ところが、ある日、大きな台風がやってきて、ふねがこわれてしまい......。少年の成長と、おじいちゃんへの深い愛情の物語。

ベストレビュー

「台風」で壊れた船

表紙絵の船に乗っているシーンは開放感があって、とっても素敵です。
「おじいちゃんの壊れた船を治してあげたい」
と、孫の少年が奮闘するお話でした。
おじいちゃん思いの孫の気持ちがよく伝わってきました。

1ページ1ページの文章は短めで、文字も大きめではっきりとした字で書かれていましたが、
海辺など、船を身近で見ることができる生活圏のいる子どもたちでないと、少々想像しにくい内容じゃないかな?と、感じました。

この話では「台風」で船が壊れたことになっていましたが、
発表された年を見ると、あの東北の大震災で壊れた船から、このお話を考えられたのではないかなと思いました。
私自身の読んだ感触では、小学校4年生以上のお子さんたちにお薦めしたいです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子17歳、女の子12歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

ひがし ちからさんのその他の作品

だんまりうさぎときいろいかさ / なんにもできないおとうさん / ぼく、ちきゅうかんさつたい / 日がさ 雨がさ くもりがさ / だんまりうさぎとおしゃべりうさぎ / おむかえ



「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」創刊記念インタビュー

おじいちゃんのふね

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット