ぱかぽこはしろ! ぱかぽこはしろ!
作・絵: ニコラ・スミー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうまさんごっこは好き? しっかりつかまってね! そうしないと・・・・・・??
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
りんごのおくりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りんごのおくりもの

作: 李錦玉
絵: 朴民宜

ベストレビュー

朝鮮の古い民話です

美しい娘、プニィを嫁にしたい三人の男がいました。
一人は地主、一人は大金持ち、もう一人は何もないお百姓です。

プニィは三人に、一ヶ月の間に一番素晴らしい贈り物をした男と
結婚するといいます。

地主と大金持ちはお金をたくさん使い、
素晴らしいものを手にいれますが、
お百姓の青年だけは何もこれといったものを手にいれることが
できず・・・
りんごの木になっていたりんごをひとつもいで、
プニィへのプレゼントにします。
ところが、このりんごがプニィの命を救うことになり、
プニィは結婚相手に青年を選びます。

途中まではかぐや姫のような展開でしたが、
最後は貧しい青年と結ばれるという結末です。

日本の民話の場合、地主や大金持ちはいじわるなキャラなのですが、
このお話では、地主と大金持ちがプニィに、
青年のりんごが命を救ったことを告げます。
この正直さに感動しました。
この二人が真実を告げなければ、
プニィは青年を選んでなかったかもしれません。

絵からも朝鮮文化を少しうかがい知ることができ、
韓流ブームのこのご時勢、
歌やドラマばかりでなく、
絵本で子供と一緒に古きよき朝鮮文化を知るのも
またいいものだと感じました。
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子4歳、女の子0歳)

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

李錦玉さんのその他の作品

おばけのトケビはわすれんぼう / へらない稲たば / さんねん峠



くんぺい童話館 東英子さんインタビュー

りんごのおくりもの

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット