あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
しにがみさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

しにがみさん

  • 絵本
監修: 柳家 小三治
作・絵: 野村 たかあき
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年03月05日
ISBN: 9784774606132

出版社からの紹介

死神は、金がなくて困っている若い父親を助ける。ところが…。落語「死神」を題材にした恐ろしくも滑稽なはなし。

しにがみさん

しにがみさん

ベストレビュー

明治中期の作品とは・・・!!

このおはなしは
どこで聞いた?読んだ?のでしょうが
覚えていないのですが
なるほど〜
って、聞いてはいるのです

野村さんの版画がいいなぁ〜と
何かで見て
図書館にリクエストしていたのです

カバーのところから
びっくり!!

明治中期にイタリアの歌劇「靴直しのクリスピノ」から翻訳
「グリム童話集」の「死神の名付け親」も同様の話

あっ!
私が読んだのは
グリム!?だったのかしら???

落語のテンポの良い感じで読み進めていき
表紙と同じ場面にまずは、圧巻

そして、最後のページが
すごい!!
と、思わず声を上げてしまいました
ラストシーンが
素晴らしい!!です
版画でですよね・・・
絵本で、これはすごいと思います
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


野村 たかあきさんのその他の作品

たなばたにょうぼう / なくなタケシ / おばあちゃんのひなちらし / へぇこいたのだれだ? / おばあちゃんのななくさがゆ / あめふりうります



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

しにがみさん

みんなの声(39人)

絵本の評価(4.7

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット