しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【0歳のあの子へ】赤ちゃんは絵本が大好き!目や耳でめいっぱい楽しんでくれますよ。「0歳向け絵本セット」
ライオンとねずみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ライオンとねずみ

  • 絵本
作・絵: リーセ・マニケ
訳: 大塚 勇三
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年
ISBN: 9784001105841

3.4年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ライオンが狩りの途中で会った動物たちは,歯や爪をぬかれたり,木にしばりつけられたりして苦しんでいました.人間の仕業でした.怒ったライオンはネズミの助けを借りて人間をやっつけようと…

ベストレビュー

エジプトらしいよ

古代エジプトの壁画に描かれているような絵がとっても素敵で一目見てエジプトのお話なんだなってわかりました。
お話の内容自体も古代エジプトのものです。
小さいねずみが大きいライオンを助けるというお話で
人間がすごい悪者として描かれていますが
それは動物達から見たら正直なところなんでしょうね。
本の見返し部分には(当時の文字で)象形文字に似た「デモティック」という文字でこのお話の初めの部分が書かれています。

(まりん♪さん 30代・ママ 女の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

リーセ・マニケさんのその他の作品

運命の王子

大塚 勇三さんのその他の作品

岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ / 岩波少年文庫 やかまし村はいつもにぎやか / おおきなかぬー



絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

ライオンとねずみ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット