せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ライオンとねずみ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ライオンとねずみ

  • 絵本
作・絵: リーセ・マニケ
訳: 大塚 勇三
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1984年
ISBN: 9784001105841

3.4年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ライオンが狩りの途中で会った動物たちは,歯や爪をぬかれたり,木にしばりつけられたりして苦しんでいました.人間の仕業でした.怒ったライオンはネズミの助けを借りて人間をやっつけようと…

ベストレビュー

古代エジプトのお話では

イソップ物語の『ライオンとねずみ』と似て非なる世界でした。
パピルスに書き記された古代文字で描かれたのは、なんと人間の悪さに苦しむ動物たちの姿。
ライオンとねずみの逸話は、メインテーマではありませんでした。
動物たちの側から物語を語るという書き方が、古代人の武勇伝ではないだけに、不思議な感じがしました。
ライオンとねずみの逸話は、イソップ物語と共通していますが、あっさりと描かれていて、寓話としての要素には欠けています。
ただ書き連ねた物語ではありますが、絵といいお話といいエジプトの神秘的な色彩はとても強い絵本でした。

(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


リーセ・マニケさんのその他の作品

運命の王子

大塚 勇三さんのその他の作品

あかずきん グリム童話 / ウルスリのすず / 岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 総記 > ライオンとねずみ

パパぺんぎんはいつもたまごといっしょ!のはずが…?

ライオンとねずみ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット