貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
いぬのかんごふさんベッツとタンクル
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いぬのかんごふさんベッツとタンクル

  • 絵本
作: 井上 こみち
絵: 広野 多珂子
出版社: 教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2002年
ISBN: 9784774605289

出版社からの紹介

ベッツとタンクルは、動物病院で働く犬の看護スタッフ。きっかけは、こんな母子の愛の物語でした…。

ベストレビュー

犬の親子の活躍。

動物医療センターで働く、犬の親子の実話です。
犬は、人のために役に立とうと考えるそうです。
ベッツとタンクルは、看護婦さんに育てられ、助けてもらい、
そして、その看護婦さんが忙しくしている姿を見て、
「自分も何か役に立ちたい。お手伝いをすると褒めてもらえて嬉しい。」
と思ったのでしょうね。

褒めてもらい、必要とされる喜び。

動物と人間は、こんなにも親密になれるのです。
信頼しきった目に見えない絆のようにみえます。

それは、まるで小さな子供と母親の関係に共通するように思うのは私だけでしょうか。

とにかく、この2匹の活躍は、人間と動物達の素敵な橋渡しをしてくれています。
(多夢さん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


井上 こみちさんのその他の作品

紙芝居 ぼくはきゅうじょ犬! / 野馬追の少年、震災をこえて / ハヤト、ずっといっしょだよ / 人の手で育てられたラッコ マナちゃん / 犬と人をつなぐ ドッグトレーナー宮忠臣 / おかえり!盲導犬ビーン

広野 多珂子さんのその他の作品

ぼくのもものき / あかちゃん、がんばれ! / ぞうきばやしのすもうたいかい / ピーテル、はないちばへ / ハートのはっぱかたばみ / 文庫版 魔女の宅急便6冊セット



『こねて のばして』ヨシタケシンスケさんインタビュー

いぬのかんごふさんベッツとタンクル

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット