もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
かっぱどっくり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かっぱどっくり

作: 萩坂 昇
絵: 村上 豊
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

「かっぱどっくり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784494003587

幼児〜小学校低学年向

出版社からの紹介

むかし、ある川にかっぱかがおって、いたずらでいばりんぼで、いろんなわるさをしたが……。

ベストレビュー

ごろべえさんと一緒に騙されました

 村上豊か先生の絵の民話や昔話を好んで読んでいます。

 かっぱと言えば、いたずら好きで加減を知らぬ困った君が多いようです。
 このお話のかっぱも、きゅうり畑は荒らすは、地蔵さんをひっくり返すはやりたい放題。
 主人公の働き者のごろべえさんが、川で愛馬のあおを洗っていたら、あおの尻尾をつかみ川へ引きずり込もうとします。
 このいたずらに捕まえたかっぱを木に逆さ吊りにします。
 優しいごろべえさんは、気味の悪いかっぱの鳴き声に弱り果て許してやることに・・・。
 放してもらったお礼にとかっぱが持ってきた、そこなしの酒どっくり。
 働き者のごろべえさんをすっかり変えてしまいます。
 その様子に喜ぶかっぱに、やっぱり性悪だぁ〜!と憤慨した私。
 ごろべえさんと一緒に騙されました。

 お酒は怖いな〜って、思います。
 溺れるごろべえさんを正気に戻してくれたのは、愛馬のあおでした。
 シャキッとなったページで、『かっぱの思う壺にはまる人間ばかりじゃないわよ』と、妙に肩入れして読んでしまいました(笑)。
 息子は「かっぱって賢いな〜、随分手の込んだ仕返しをするんだな」と変な感心の仕方をしていました。
(アダム&デヴさん 50代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

萩坂 昇さんのその他の作品

デゴイチものがたり

村上 豊さんのその他の作品

ちからたろう / 日本民話 あたまに かきのき / ゆらゆら橋からおんみょうじ / 本朝奇談天狗童子 / 今昔物語 / ぶっかけろジャネット!



老舗のパン工場、バケバケベーカリーの工場見学にきませんか?

かっぱどっくり

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット