庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ピチャとポチャ 水の子の冒険旅行
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピチャとポチャ 水の子の冒険旅行

作・絵: ナーネ・アナン
出版社: 自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ピチャとポチャ 水の子の冒険旅行」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

国連の事務総長夫人である、ナーネ・アナンさんが絵も描いた、かわいらしい水のお話です。
あなたは1日にどれくらいの水を使っていますか?
水不足や水質汚染、洪水被害の増大など年々、深刻化する世界の水問題について、ふた粒の水滴「ピチャとポチャ」がわかりやすく水の大切さを伝えるメッセージ絵本。
世界の動きに興味のもてる、和文英文併記の絵本です。
世界には、安全な飲み水を入手できない人が10億人もいます。
世界の6人にひとりにあたります。
また、世界の人口の約半分にあたる24億人がトイレを使うことができません。
2003年は国連の決めた「国際淡水年」です。
そして3月22日は「世界水の日」。毎年、国連では異なったテーマを選んでこの日を記念します。
この本の収益は、ユニセフに寄付されます。

ベストレビュー

水の大切さ

国連のアナン事務総長夫人の絵本。
世界の水不足、水質汚濁などについて「水の子」のキャラクターを借りて、
わかりやすく水の大切さを伝えてくれます。
川の中で知りあった水の子、ピチャとポチャ。
でもすぐにはぐれてしまいました。
二人がそれぞれ流されていったところは・・・。
ダム、地下水、井戸水・・・。
二人は水を運ばなければならない子どもの姿も知ります。
国連に関わる著者らしく、国連での取り組みも描かれます。
それだけに、「あなたにできること」は重みがあります。
親子で水について考えてみませんか?
(レイラさん 30代・ママ 男の子11歳、男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。

ナーネ・アナンさんのその他の作品

国連に行ってみよう



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

ピチャとポチャ 水の子の冒険旅行

みんなの声(3人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット