話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
PUI PUI モルカー モルだくさん!公式キャラクターブック

PUI PUI モルカー モルだくさん!公式キャラクターブック(フレーベル館)

モルカーのポテトやなかまたちの紹介からアニメの名場面、制作の裏側まで!

  • かわいい
  • 盛り上がる
こうえんで…4つのお話

こうえんで…4つのお話

  • 絵本
作・絵: アンソニー・ブラウン
訳: 久山 太市
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,870

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

絵本クラブ
発行日: 2001年
ISBN: 9784566007147

みどころ

その日の公園で起きたことといえば、二匹の犬が出会ったことくらい。
とある公園のささやかな日常の風景も、四人の目を通して見ればそれぞれ、まるでちがう景色に写ります。

いばりんぼうな女性には、危険で不愉快な公園。
ひどく落ちこんだ男性には、うす暗くて陰気な公園。
つまらなそうにしている少年には、退屈でがらんどうな公園。
それなら、明るく元気な少女の目には、どんな景色に見えるでしょう?

同じ景色を見ても、気分によってまるきりその色合いが異なって見えることってありますよね。
だまし絵のような奇妙な風合いの絵が、そんな人間の不思議な心のありようを味わい深く描き出す、とても個性的な一冊。

登場人物の心情の変化に伴ってその彩りを変えてゆく公園の景色が、その時々で彼らがなにを思い描き、なにに心を寄せているのかを、詩的な絵画表現で情緒豊かに物語ります。

はじめからおわりまで、まるで夢のなかの景色を描いたかのような暗喩めいた絵が続くので、ひょっとすると少しむずかしく感じられてしまうかもしれません。
ただ、心のありようによって同じ景色も違って見えることを描いたこの本それ自体が、読者の心のありようによって解釈の異なってくる作品になっているというのは、なんとも好奇心がくすぐられます。

ちなみにわたしは最後のページを、穏やかな、しかしなんともせつない気持ちで読んで、絵本をそっと閉じました。

(堀井拓馬  小説家)

出版社からの紹介

4人の人びとが、ぐうぜん公園に集まった。ごうまんな婦人に、失意の男の人、さびし気な少年、そして元気いっぱいの女の子。4人はおのおの、ひとつの出来事を、自分の見方で語る…。さまざまなしかけを織りこんだ、芸術性に富んだ絵本。
●国際アンデルセン賞受賞画家

ベストレビュー

立体的なストーリー

1つの公園、2組の親子のあいだにおこった
日常のひとコマ。
まるで、公園での『ひと時』を切り取ったかのように
4人全員の目線で描かれる『4つのお話』
あえて4つにわけたことで、この『ひと時』が、
すごく立体的なものに感じられました。
そして、切り取られた空間を立体的に組み立ててみたくて、
少しだけ頭を使いました。

決して、素敵ではない大人たち(笑)。
その分、子ども達とイヌ達の
のびのびと軽やかな感じが引き立ちます。

さらりとしたストーリー。
うちの娘が、立体的にとらえることができるは、
もう少し先になりそうです。
(しゅうくりぃむさん 40代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ

アンソニー・ブラウンさんのその他の作品

どうだ いかすだろ! / すきです ゴリラ / 1はゴリラ / くまさんの おたすけ えんぴつ / ゴリオとヒメちゃん / うちのママってすてきなの

久山 太市さんのその他の作品

こころにいつくしみ の種をまく / ダム この美しいすべてのものたちへ / 改訂新版グラファロ もりで いちばん つよいのは? / 改訂新版 グラファロの おじょうちゃん / 改訂新版 まじょとねこどん ほうきでゆくよ  / はじめはタマゴ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > こうえんで…4つのお話

性被害から自分を守るための絵本『パンツのなかのまほう』なかがわさやこさんインタビュー

こうえんで…4つのお話

みんなの声(18人)

絵本の評価(4.58

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット