話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
きんいろのしか

きんいろのしか

  • 絵本
作: 石井 桃子
企画・原案: ジャラール・アーメド
絵: 秋野 不矩
出版社: 福音館書店

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

※初版年月日 : 1968年12月15日

作品情報

発行日: 2022年04月05日
ISBN: 9784834018790

ページ数 : 48ページ
サイズ : 27×19cm

【絵本ナビ×福音館】福音館の絵本とグッズ、そろってます

内容紹介

昔、南の国に、一人の王様が住んでいました。この王様が世の中で一番好きなのは、金でした。ある日、王様は森で金色の鹿を見つけます。鹿が踊ると、足下の砂が金に変わるのです。王様は鹿を生け捕りにしようとしますが、うまくいきません。そこで王様は、ホセンという牛追いの少年に3日以内に鹿を連れてくるよう命じます。ホセンが鹿を連れて王様の御殿に到着すると、鹿は踊りに踊ります。すると金の砂がうずたかく積もって、王様を埋めてしまいます。

ベストレビュー

面白いし、絵が素晴らしく秀逸でした。

 バングラデシュの昔話ということで、どんなお話なのかとワクワクして読み出すと、非常に物語性に富んでいて、ぐいぐいと話に引き込まれてしまいました。
 この絵本の魅力は、その物語性の高さなのです。
そして、とても興味深く神秘的な金色の鹿を巡って、欲深い王様と、それに巻き込まれてしまった心優しく誠実なホセン少年が、とても対照的に描かれています。
ホセン少年が、王様のために金色の鹿を捜し求め、旅をするのですが、その時に、様々な動物たちに出会い、それを助け、また助けられる姿がとても印象的に残りました。
何かをしてもらったら、その恩に報いて、恩返しをする。
その有り様は、我侭な王様の一方的な搾取とは、対照的で、とても美しい姿に映りました。
 この絵本のもう一つの魅力は、秋野不矩さんの描く絵です。
ある場面では、迫力があり、ある場面では、とても神秘的であり、またある場面では、うっとりとするくらい美しく描かれていて、この物語には、この絵しか考えられないくらいしっくりとしていて本当に秀逸です。
 40年間も愛される絵本は、やはり名作なのですね。
(はなしんさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子7歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,650円
1,760円
1,540円
1,100円
1,320円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

550円
4,730円
1,320円
3,300円

出版社おすすめ




えほん新定番 from 好書好日さこももみさん

きんいろのしか

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.64

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら