庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
かあさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かあさん

作・絵: たしろ ちさと
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「かあさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年07月

対象年齢 10ヵ月から2才向き

出版社からの紹介

「かあさん」とヒツジの赤ちゃんが呼びかけると、「はい、ここよ」。ヒツジのお母さんが答えてくれます。サル、カバ、シロクマの赤ちゃんが呼びかけると、やっぱりお母さんがやってきました。人間の赤ちゃんも「かあさん」と呼ぶと、ほら、ちゃんとお母さんがやってきましたよ。赤ちゃんとお母さんの温かい絆を愛情こめて描いた絵本。

ベストレビュー

答えてもらえる安心感

気がつかなかったけれど、この後に出た『ねえ、あそぼうよ』がお父さん版になっています。こちらの『かあさん』が文字通り動物たちのお母さん版。

当たり前のことですが、子どもがいるから「おかあさん」と呼んでもらえて子どもにとっての唯一無二の存在でいられます。

私も毎日いろんな場面で息子から「ねえ、おかあさん」と何度も呼ばれます。

お母さん側の目線で見ると、子どもがいる幸せを感じられるし、子どもの側から見ると「かあさん」と呼んだ時に「はい、ここよ」と答えてもらえる安心感がある作品だと思います。

この本をたくさんの大人の前で読む経験をさせてもらったので、その前に練習を積んだのですが、同じ繰り返しであるところが、読む側にとっては難しく感じられました。

相手が大人ってこともありますが、子どもが対象だったらまた違った反応で自然に読めそうです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子11歳)

出版社おすすめ


たしろ ちさとさんのその他の作品

すずめくんどこでごはんたべるの? / スギナ屋敷のオバケさん オバケ屋敷にお引っ越し / どんな いちにち / ひとりぼっちのミャー クリスマスのよるに / こんくんのおんがくはっぴょうかい / しろちゃんとはりちゃん あめのいちにち



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

かあさん

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.53

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット