庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
へいきへいき
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

へいきへいき

作: 内田 麟太郎
絵: 竹内 通雅
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「へいきへいき」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年05月
ISBN: 9784061323148

みどころ

 いばりんぼのオオカミがイタチにあしをもませている(!)とどこからかしゃがれ声が・・・。
「なあ、つよがりのおくびょうオオカミ。」「おまえはあのやまへは行けないだろう。おそろしくてな。」
 なんでもクマも腰を抜かしたというコワイ木がはえているというやま。さっそく挑発に乗せられてオオカミは怖がるイタチを連れてどたどた出発。さて、どんな「コワイ木」が出てくると言うのでしょう。
次から次へ、へんてこりんな「木」が出てくることば遊びの様な絵本です。
 いきなり冒頭で足を揉ませていばっている様子に面食らいますが、結構魅力的なおおかみくん。口で言うだけあって、どんな訳のわからない木が出てこようとも、ひるむ事なくうれしそうに向かっていく様子が何だか頼もしい。そんなおおかみくんも最後には・・・。一体どんな「木」なんでしょう。
 奇想天外なお話と迫力ある絵がマッチして何ともユニークな絵本です。さすが名コンビ。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

この 山に のぼる ゆうきが きみには あるか?
こわい「き」がはえているといううわさの山で、オオカミとイタチが見た「き」とは、いったい?
人気作家による、パワフルなことばあそび絵本!

ベストレビュー

このき何のき?

怖い『き』の生えている山に行くはめになったオオカミと子分のイタチ。
イタチは怖い『き』が気になって恐ろしくてたまりません。
オオカミはさすが親分ですね、いろんな『き』に遭遇しますが余裕です。
言葉遊びがすごく面白くてかなり気に入りました。
小学校低学年への読み聞かせにぴったりです。
絶対買います!
(まりん♪さん 30代・ママ 女の子13歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

内田 麟太郎さんのその他の作品

たまたまタヌキ / ぐるぐるぐる / ぼくだってトカゲ / なみだは あふれるままに / いつだって ともだち / くじらさんのーたーめならえんやこーら

竹内 通雅さんのその他の作品

ぐるぐるぐるぽん / うそつきとどろぼうとせいぎのみかた / じごくのさたもうでしだい / ひげなしねこ / ごぞんじ! かいけつしろずきん / オニたいじ



お気に入りのくだものはどれ?

へいきへいき

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット