あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
りおらんらんさん 30代・ママ

いいです!
6歳の娘が、赤ちゃん大好きでして。 …
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ドードー であえたはずのどうぶつたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ドードー であえたはずのどうぶつたち

作・絵: 倉科昌高
出版社: ピエ・ブックス

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ドードー であえたはずのどうぶつたち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年12月
ISBN: 9784894443914

ベストレビュー

なみだがとまらない

「ここにいるよ。」と帯に書かれた一言と、表紙のドードーの絵がとってもかわいくて、本屋さんで気になり手にとりました。
あたたかいタッチでモノトーンで描かれた動物たちの絵がかわいくって。最初は、出てくる動物たちがかわいいなぁとか思ってページをめくっていたけれど、そこに描かれているのは絶滅してしまった、私たち人間が「であえたはずのどうぶつたち」。
ドードー、オーロックス、ジャイアントモア、グアッガ、オオウミガラス、ニホンオオカミ、ステラーカイギュウ、タスマニアンタイガー、ブルーバック、リョコバト ……。
「であえたはず」の動物たちが「そこにいる」姿が、静かに、そして、雄大に描かれているのです。そして、最後のページに、それぞれの動物たちの説明とともに「ちきゅうからいなくなった」と書かれていて。
もう、会うことができないんだね、と思うと涙が止まらなくなってしまいました。
さっそく、私の息子(1歳)に読み聞かせました。(意味はよくわかっていないと思うけど、動物の絵にはすごく反応しています)
文章もぜんぶひらがなで書かれているので、文字が読めるようになったら、一緒に読もうと思っています。
どうして動物がいなくなってしまったのか、エコロジーの観点からも重要な絵本だと思いました。ぜひ、親子で読みたい一冊です。
(するめさん 30代・ママ 男の子1歳)

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!



『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

ドードー であえたはずのどうぶつたち

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17




全ページためしよみ
年齢別絵本セット