十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選

編: 金柿 秀幸
出版社: SBクリエイティブ

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2004年09月
ISBN: 9784797327823

大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選


この作品が含まれるシリーズ

【オリジナル絵本ノート付き】も販売中です。>>>

出版社からの紹介

絵本名作100冊のあらすじ・イラスト&生の声一挙掲載。

【目次】
いっしょにいたいね(親子の絆を確かめ合う幸せ/愛し愛される幸せ ほか)/大切なもの見つけた(友達がいる幸せ/仲間で苦楽を分かち合う幸せ ほか)/世界でたったひとりのあなたへ(自分は自分でいいんだと思える幸せ/前に進む元気がもらえる幸せ ほか)/なんだかとっても幸せな気持ち(意味はないけど楽しい気分が幸せ/おいしい気持ちが幸せ ほか)

【内容紹介】
人気の絵本サイト「絵本ナビ」に寄せられたパパやママの声を集めてつくった絵本ガイド。
「こどもの頃に読んだ忘れられない絵本」「まだ出会っていない素晴らしい絵本」。
あなたとあなたの家族をハッピーにしてくれる絵本が必ず見つかります。

◎著者からのコメント
「絵本、好きですか」と訊くと、
ほとんどの方から、「好き」「読んでみたい」「楽しい」といった答えが返ってくるでしょう。
このページをご覧になっているあなたも、きっとそうですよね?

でも、「絵本ガイドブックって読んだことありますか?」と訊くと、
多くの方からは、「読んだことがない」「読んでみたけれど自分で買いたいとは思わない」
といった答えが返ってくるに違いありません。

一般的な絵本ガイドブックは、専門家の方が、作品のすばらしさや背景、みどころなどを解説するものですが、
実際に子どもと日々絵本を読んでいる親(私もそのひとりです)からすると、ちょっと違和感があったのです。

そこで、これまでの絵本ガイドブックとは違う、「自分だったらこんな本が欲しい」という本をつくることにしました。
コンセプトは「読むと幸せな気持ちになれる」絵本ガイドブックです。

私たちは、絵本というモノが欲しいのではなく、
絵本を読むことによって得られる「幸せな時間」が欲しいのではないでしょうか。
この本は、まさにその「幸せ」に主眼を置いて書かれています。

すべての紹介作品について、カラーで、いちばん幸せなシーンを見開き画像で掲載しています。
そして、その絵本を通じて、どんな幸せな時間を過ごすことができるのか、 どんな発見があるのか、
実際に子供と幸せな時間を過ごした皆さんの 「生の声」がぎっしり詰まっています。

読んだことのある絵本でも、もう一度読んでみたくなるから不思議です。
ずっと手元に置いておきたい・・・そんな絵本ガイドブックなのです。(金柿秀幸)


◎担当編集者からのコメント
『幸せの絵本』には、いわゆる専門家の意見はありません。
その代わり、日本中のパパやママが、

どんな絵本を買って、
どんな場面で感動して、
どんなふうに子どもに読んであげているのか、

それを肌で感じることができるはずです。

この本をつくるにあたって、わたしもたくさんの絵本を読みました。
子どものころ大好きだった絵本、
今回の企画で新たに出会えたことを感謝したくなるような絵本……
大人になった今も、心に響く感動に変わりはありませんでした。
むしろ、あらためて絵本の奥深さを知った気がします。

子どもといっしょに、そして、もちろんひとりでも、
絵本を読む時間はとても素敵です。

ぜひ皆さんも本書で、
恋人が、お友達が、家族が、そしてあなた自身が、
幸せになれる絵本を見つけてください。
(ソフトバンクパブリッシング 第二書籍編集部/比嘉 めぐみ)

幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選

ベストレビュー

娘からもらった幸せの手紙

「ぺぺへ モミより
 ほん よんでくれて ありがとう
 よんでくれたから げんきに なれたよ
 ありがとう」
(※「ぺぺ」=パパのこと)

保育園で友達とけんかして、落ち込んでいた娘のモミ(6歳)。
『はっぴいさん』(作・絵 荒井良二)を読んであげたら、こんな手紙を書いて、そっと渡してくれました。

『幸せの絵本』シリーズを参考に絵本をセレクトしはじめて、かれこれ4年。パパが娘に読み聞かせをしてあげた本は、200冊くらいになるでしょうか。

4年前は赤ちゃんだったのに、いつのまにか、こんな手紙を書けるようになった娘。これまで読み聞かせをしてきて、本当によかったと感じた瞬間でした。
ありがとう、『幸せの絵本』!!! 
これからも、たくさんのご家族に幸せを届けてくださいね!
(モミノぺぺさん 40代・パパ 女の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


金柿 秀幸さんのその他の作品

幸せの絵本〜家族の絆編〜大人と子どもの心をつなぐ絵本100選  / 大人のための絵本ガイド / 幸せの絵本2ー大人も子どもも、もっとハッピーにしてくれる絵本100選



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

幸せの絵本ー大人も子どももハッピーにしてくれる 絵本100選



全ページためしよみ
年齢別絵本セット