おにたのぼうし おにたのぼうし
作: あまん きみこ 絵: 岩崎 ちひろ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
節分の夜、豆まきの音がしない一けん家にとびこんだおにのおにたは、病気の母を看護する少女に出会います。
miki222さん 30代・ママ

鬼にも色々あるのに
節分の日に鬼がやって来ると聞いて怖がっ…
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
きみがしらないひみつの三人
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きみがしらないひみつの三人

  • 絵本
作・絵: ヘルメ・ハイネ
訳: 天沼 春樹
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年03月
ISBN: 9784198618445

5歳から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

きみが生まれた日、三人のともだちがやってきて、きみのからだの中ではたらきはじめた。三人はとてもなかよしで、ずっときみについていく…。人が生まれ、死んでいくまでの、頭と心と体のふしぎなはたらきを、やさしく詩的に描き、子どもから大人までそれぞれに深く語りかける絵本。

ベストレビュー

一緒に よりそって

人が生まれ 死んでいくまでの 心と体そして頭の働きを

とってもわかりやすく

温かみのある言葉で 語りかけてくれる絵本だと思います。

大切な事を 難しい言葉を使うのではなく
やさしい絵と 温かい言葉で 伝えてくれます。


静かに 寄り添ってくれる たくさんの言葉。
そんな 感じがするのを
娘もきっと なんとなく 感じているようです。


詳しい所まではもしかしたら まだ わからないかもしれないのだけれど、

なんとなく わかったような顔をしている娘と
これからも ずっと 読んでいきたいな・・

なんて 思った母でした♪
(みぽみぽさん 30代・ママ 女の子14歳、女の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヘルメ・ハイネさんのその他の作品

ウサギのトトのたからもの / ボヨンボヨンだいおうのおはなし / ぞうのさんすう / ぼくらさんびきぼうけんたい / ともだち / へんしん へんしん

天沼 春樹さんのその他の作品

アンデルセン童話全集 (3) / グリム童話全集 / 空とぶペーター / アンデルセン童話全集 (2) / アンデルセン童話全集 (1) / 紙芝居 ひこうせんでそらのさんぽ



困っているぼくのところに本物の神様が!

きみがしらないひみつの三人

みんなの声(35人)

絵本の評価(4.89

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット