おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ぼくのおにいちゃん しょうがいってなあに
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのおにいちゃん しょうがいってなあに

  • 絵本
作: 星川ひろ子
写真: 星川 ひろ子 星川 治雄
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ぼくのおにいちゃん しょうがいってなあに」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1997年
ISBN: 9784097272236

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

障害をもつ兄の成長を弟の目を通してつづる、心暖まるフォトアルバム。障害児の歩みに合わせて豊かに生きる家族の姿をいきいきと描きます。

ベストレビュー

家族の目線

重い知的障害のある、ぼくのおにいちゃんを、弟の目線で語った写真絵本です。
写真家の両親が撮った、赤ちゃんの頃からの写真1枚1枚に、弟とママの会話、弟のつぶやき・・・という形で綴っています。
お兄ちゃんとの生活、できごとを通して、弟の素直な気持ちがありのままに綴られていて、ああ、こういうのが自然なんだよなあと、肩の力が抜ける思いです。
バリアフリーがどうの・・・とか、論じるよりも、もっと自然にかかわっていけるような、愛のある家族の姿が素敵です。

大人よりも、子どもの方が、たぶん、余計な気持ちがなく、受け入れられることってあると思います。
柔軟な心の子どもたちに、出会ってほしい絵本です。
(ぼのさん 40代・ママ 男の子11歳、女の子9歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


星川ひろ子さんのその他の作品

あかちゃんが教室にきたよ / ぼくじょうにきてね / みえないって、どんなこと? / バリアフリーの本(3) 耳に障害のある子といっしょに / バリアフリーの本(8) 重い障害のある子といっしょに / ちえちゃんの卒業式

星川 ひろ子さんのその他の作品

たま、また たま / しゃしんであそぼ (1) しりとりあそび しろとくろ / しゃしんであそぼ(2) しりとりあそび あか・みどり・き / しゃしんであそぼ(3) しりとりあそび ちゃいろ / 竹とぼくとおじいちゃん / あかちゃんてね

星川 治雄さんのその他の作品

しょうたとなっとう



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

ぼくのおにいちゃん しょうがいってなあに

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13

パパの声 1人

パパの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット