なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
ひなそらとうやさん 30代・ママ

子どもが大好きな世界
なぞなぞも、オオカミも、子どもが大好き…
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ムルンとサルタイ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ムルンとサルタイ

作: うだ さちこ
絵: わかやま しずこ
出版社: リーブル リーブルの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ムルンとサルタイ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

ムルンは8歳の男の子。今年初めて愛馬サルタイにのって、ナーダムのけいばに出るので特訓中です。
モンゴルの「ナーダムのけいば」(7月)

ベストレビュー

「スーホの白い馬」に魅せられた作者

作者は「スーホの白い馬」を通じて、モンゴルに魅せられてしまった元小学校の先生だそうです。

副題に「けいば」とありますが、しいていうと、成人式ようなお祭りの一つで、賭け事はしないようです。
主人公のムルンは8歳にもなるのに(普通は5、6歳でデビューするらしい)、競馬が怖くて、ナーダム(競馬をするお祭り)出たいと思いませんでした。
そのムルンの心を少しずつ開いて、ムルンの愛馬サルタイで練習を始め、ナーダムに参加するまでのお話です。
馬が、生活になくてはならないモンゴルの人たちの暮らしを、垣間見ることができました。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

わかやま しずこさんのその他の作品

まるまる だーれ? / とべたよ とべたよ / のんびりおじいさんとねこ / つかんでぱっくん / おかあさん どーこ? / おっぱいのんだら



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

ムルンとサルタイ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット