しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
くろずみ小太郎旅日記 5 吸血たがめ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くろずみ小太郎旅日記 5 吸血たがめ

  • 絵本
作・絵: 飯野 和好
出版社: クレヨンハウス

本体価格: ¥1,200 +税

「くろずみ小太郎旅日記 5 吸血たがめ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2005年03月
ISBN: 9784861010378

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

活劇絵本や浪曲絵本で活躍中の飯野和好さん。おなじみの『くろずみ小太郎旅日記』シリーズの第5弾では琵琶湖にやってきたくろずみ小太郎。恐怖の吸血たがめ婆に出会います。あっ! 小太郎あやうし!

ベストレビュー

バカな敵役が可愛い。

「ねぎぼうずあさたろう」シリーズといい、この「くろずみ小太郎旅日記」シリーズといい、かたり口調が活劇風て、何とも小気味いい絵本です。
また、起承転結がはっきりしているので、聞いている子供たちの方も、すっきりした顔をしていました。欲を言えば、ページ数が少し少ないかな…。(でも、コザッパリ終わるためには、このくらい簡潔な方がいいのかな?)
もっとたっぷり読みたい読者としては、困ってしまいます。

小太郎の前に突然現れたたがめの妖怪たがめ婆を、忍法(?)でシャキーンと、やっつけてしまいます。
たがめ婆も、小太郎を見れば炭の固まりと分かるだろうに、血を吸いとろうだなんて!
このバカな所が、悪役のたがめ婆を憎みきれず、可愛くさえ思えてしまいました。
このシリーズは絵本だけでなく、是非、紙芝居として、読み聞かせしてみたいです。
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


飯野 和好さんのその他の作品

日小見不思議草紙 / おせんとおこま / ざしきわらしのおとちゃん / どろだんごと たごとのつきまつり / かめ / かぞえる



風変りで美しい表現方法がたくさん!

くろずみ小太郎旅日記 5 吸血たがめ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14




全ページためしよみ
年齢別絵本セット