もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
よるわたしのおともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

よるわたしのおともだち

作: 今江 祥智
絵: 長 新太
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「よるわたしのおともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784892385551


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

ひろこちゃんは、毎日すごく早く目をさまし、とっても早くねむってしまう。だから、よるをよく知らない。ゆめにだって、よるは出てこない。にいちゃんにたずねても、かあさんやとうさんにたずねても、よくわからない。そこで自分で見てみることにしたひろこちゃんは……。黒の絵本第三弾は、女の子と夜の交流を描くユニークな物語。ひろこちゃんは、よるの正体がわかるのでしょうか。

ベストレビュー

「黒の絵本」3部作、完結編!

夕方には眠りについてしまうため、
“夜”が どんなものか分からない主人公ひろこちゃんは
「夜ってなあに?」と家族に質問してみる。

にいちゃんは「地球がグルッと回るんだ」
かあさんは「空が黒い服に着替えるの」
とうさんは「黒マントのおじさんが 空を飛び回るのさ」
仲良しのまこと君は「眠くてたまらなくなるもの」

埒があかないので、
ひろこちゃんは自分の目で確認することに。
いつもの3倍もお昼寝をして。でもまだ、眠い…。
夜は、友達のしるしに星のかけらをくれた。

いつの間にか夢の中に入ってしまうようなのだけど、
その曖昧さが、読み手のイメージを膨らませているように思う。

テーマである「黒」と原色の色使いが斬新で印象的。
小さい子供の目をひくんじゃないかな。

第1弾「なんだったかな」
第2弾「ひとつ ふたつ みっつ」に引き続き、
今江 祥智/作・長 新太/絵(BL出版)による
「黒の絵本3部作」の完結編。
(YUKKOさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子5歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

今江 祥智さんのその他の作品

あのこ / 子どもの本の海で泳いで / ごきげんなライオン すてきなたからもの / 優しさごっこ / ぼんぼん / ごきげんなライオン ともだちはくまくん

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / 帽子から電話です / 長新太の絵はがきブック おめでとう / かしてあげたいな / ひとつずつ / ベタベタブンブンおおさわぎ



お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

よるわたしのおともだち

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット