ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
ふわふわ、もこもこ。今年のミッフィーは・・・ゆきだるま?!
木
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

  • 絵本
作: 木島 始
絵: 佐藤 忠良
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年07月
ISBN: 9784834021110

読んであげるなら 3才から
自分で読むなら 小学低学年から

この作品が含まれるテーマ

みどころ

 「木」をこんなにじっくり見た事はありますか?年齢を重ねた老木の太い木の幹、いくつもの風雪をくぐり抜けて来たごつい木の節々。そこから生える若い新しい芽。表情豊かな迫力ある「木」の姿の数々に圧倒されてしまいます。
 この「木」のデッサンを描いた彫刻家佐藤忠良(絵本おおきなかぶを描いた人です!)は、日々の制作の合間の散歩の途中にこの「木」のデッサンを15年以上描きつづけているそう。そうして毎日木と向き合っているうちに木と対話をする様な感覚になっていったのです。この絵本はそうしたデッサンに新しく描いたものも加えられて、詩人の木島始さんがそこからイメージされた文章を添えられたものになっています。
 一見、地味な印象のこの絵本。(何しろ出てくるのは鉛筆一色で描かれた木、のみ。)でも、めくればめくる程その魅力に惹きこまれてしまいます。それは「木」そのものの魅力に加え、画家の「木」に対する眼差しの奥深さや体温を感じるからなのでしょうか。更に木島さんの文章により物語が始まり、世界が広がっていきます。最後には大迫力大画面のページも折り込まれています。
 うちでは父がこの絵本を大変気に入った様です。私は息子にはこの絵本の様にじっくり何かと対話する事から色々感じ取って欲しいな・・・と思ってます。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ある老人が木をスケッチしていると、木はいろいろなことを語りかけてくれ、木との対話が始まる。水をぐんぐん吸い込む根っこ、空を見上げながら風の歌を聞いている枝、がまんをしているこぶ。木のいのちの物語。

ベストレビュー

木を観察するようになりました

とてもシンプルな本なのですが、内容はとても濃いと思います。
木の生命力、力強さが感じられます。
4歳の息子に読んであげたら「木のこぶこぶ」と言うフレーズが気に入り、幼稚園の木、家の庭にある木、さまざまな木を見つけて「この木にも大きなこぶこぶがあったよ!栄養いっぱい吸っているかな?」なんて言いながらよく木を観察するようになりました。
「明日は神社の大きな木を見に行こうね!」と息子から誘われてしまいました。
木も一生懸命生きているんだよ。と言う大切なことを伝えられたと思います。
(★あゆか★さん 30代・ママ 男の子4歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

木島 始さんのその他の作品

うらしまたろう / 福音館文庫 ライグマ博士と仲間たち【全3話】 / ゆきむすめ / うりこひめとあまんじゃく / かわいいめんどり / まちのねずみといなかのねずみ

佐藤 忠良さんのその他の作品

おひゃくしょうとえんまさま 中国民話 / 偕成社文庫 小さな町の風景 / 紙芝居 平和のちかい / The Gigantic Turnip おおきなかぶ(英語版) / 大型絵本 おおきなかぶ / 小さな雪の町の物語 



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(16人)

絵本の評価(4.35

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット