もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
忘れな石
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

忘れな石


出版社: 日本図書センター

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「忘れな石」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

日本人も鬼だった

日本最南端になる沖縄の波照間島で起こった戦争実話です。
しかし、この話に出てくる戦争はアメリカ軍との話ではありません。
島に赴任してきた日本兵で国民学校の先生となった人に強制疎開を命じられた子どもたちが、疎開した西表島でマラリアに罹って次々と死んでいった実話。
戦争マラリアと呼ばれているそうです。
日本兵の発言は、天皇の声でもあり、神の声でもあった…。
それにしても、なぜに多くの犠牲者を出さなければいけなかったのか。
戦争がおわっても、当事者の日本兵からその答は帰ってきませんでした。
「忘勿石」と刻まれた石は、歴史に対する怒りでしょうか。
作者自身の怒りは多少思想的ではあります。
しかし、このような埋もれた史実をも理解していなければ、やはり本当の意味での戦争を語れないのではないかと思いました。

(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。



まめつぶみたいな男の子のお話『まめまめくん』 翻訳者ふしみみさをさんインタビュー

忘れな石

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット