もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
金魚のひなこさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

金魚のひなこさん

  • 児童書
作: ただの ゆみこ
絵: ふくだ いわお
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「金魚のひなこさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年07月30日
ISBN: 9784580821408

A5判 80ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あらすじ 

お父さんと別れ、お母さんと暮らすルイ。お姉ちゃんはもうすぐ中学受験で、ルイはかまってもらえず、学校では大好きなくみちゃんと仲たがい。そんなルイの前に、赤い服を着た少年があらわれ、不思議なうろこをさしだす。

編集者からのひとこと

仲直りしたいルイは、くみちゃんに幻のうろこを見せてあげようと、手をさしだします。ところが、くみちゃんはその手をとって、「言いだせなくてごめんね」とあやまります。― 誰でも、自分はひとりぼっちと思うことがあります。そんなとき、ほんの少し勇気を出して、一歩足をふみだしてみると、思いがけずまわりが開けてくることがあります。金魚のひなこさんがルイに贈った不思議なうろこは、そんな小さな勇気だったように思います。

金魚のひなこさん

ベストレビュー

金魚が人間に

このお話はうちで飼っている金魚がふとした瞬間に人間になって主人公の女の子と会話をしていました。女の子のように見える金魚ですが、実は男の子でうちの子はそれに驚いていました。女の子と金魚という不思議な関係が面白かった一冊でした。
(イカリサンカクさん 20代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ただの ゆみこさんのその他の作品

のんちゃん

ふくだ いわおさんのその他の作品

せつぶんセブン / いっしょにうんち / にゃんにゃんべんとう / たなばたセブン / いらっしゃいませ / にぎやかなさんぽ



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

金魚のひなこさん

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット