十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
こけこっこー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こけこっこー

  • 絵本
作: 林 木林
絵: 西村 敏雄
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

「こけこっこー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784790252276

2〜3歳児
縦22.0×横21.0cm(表紙縦22.6×横21.3cm) 24ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

にわとりは一日の始まりをおしえてくれるだけでなく、卵を産むので昔からよく家で飼われています。人間の世界では貴重な存在として扱われていますが、はたして鳥たちの世界ではどうなのでしょうか? にわとりよりもきれいな声で鳴く鳥はたくさんいます。にわとりよりも見た目が美しいとりもたくさんいます。それなのに、同じ鳥でいながらにわとりだけ特別な存在のようで、ほかの鳥たちがうらやましく思うのもわかる気がします。どの子供にもその子ならではの長所や短所があって、それが個性です。だれかのことをうらやむことがあっても、このお話をとおして、子供たちは「ぼくがぼくであることすべてが個性で、たいせつなんだ」と気づいてもらえたら嬉しいです。

こけこっこー

ベストレビュー

大合唱♪

1〜2歳児の親子のお話会で読みました
作者は言葉遊びなども書かれている林木林さん
なので「こけちゅんちゅん」「こけぽっぽー」はリズムカルで読み手も楽しく読めました
イラストもいいですね〜表情や、その雰囲気がそれぞれの鳥の特徴を感じます
ハトとカッコーの時はママたちの方が大笑いでした
そうか、これは大人に読み聞かせしても良いのだ!

4〜5歳児にも読みましたが、普段から言葉遊びで「こけこっこー」と声に出していたのでラストは、期せずして、子どもたち全員で「こけこっこー」と大合唱になりました
(風の秋桜さん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

林 木林さんのその他の作品

いたずらえほんがたべちゃった! / くまさん どこ? / おまつり!おまツリー!! / はるやさいのはるやすみ / でんごんでーす / おちゃわんかぞく

西村 敏雄さんのその他の作品

おしりだよ / げたにばける / みんなの くまくまパン / さかさことばでうんどうかい / アントンせんせい おでかけです / まてまてタクシー



風変りで美しい表現方法がたくさん!

こけこっこー

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.54

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット