もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
オランウータンに会いに行く
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オランウータンに会いに行く

  • 絵本
文・写真: 横塚 眞己人
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「オランウータンに会いに行く」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784033322407

サイズ(判型)26cm x 21cm
ページ数40ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

森の人、オランウータンに会いにボルネオ島へ! 熱帯雨林の巨木の上で生活するふしぎな類人猿、オランウータンに密着。木のてっぺんから撮影した、貴重な写真が満載です。

オランウータンに会いに行く

ベストレビュー

優しいまなざしを感じます

著者が、オランウータンに会うために、ツリークライミングを習って
70メートルもの木に登って撮影した写真絵本です。

貴重な写真がたくさん掲載されています。

写真もそうですが、著者の文から、著者のやさしいまなざしでオラン
ウータンを見つめる姿が浮かんでくるような印象です。

表紙に使われている写真、「フランジ」と呼ばれるほほの出っ張った顔。
強いオスだけにフランジがあるそうです。
初めて知りました。というのも動物園や図鑑で見るオランウータンの
顔とはちょっと違う印象だったので(笑)

あまり学術的すぎず、オランウータンの生活をそっと覗いてみる感じ
の絵本でしたので、子供も楽しんでいましたょ♪
(ゆっきんぐさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


横塚 眞己人さんのその他の作品

どこにいるの イリオモテヤマネコ / 太陽の花 / ゆらゆらチンアナゴ / ウミショウブの花 / ダヤンと森の写真絵本 ねどこどこ? / ゾウの森とポテトチップス



読みながらしりとり遊びができる“おいしいことば遊び”絵本

オランウータンに会いに行く

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット