しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ねこのけいさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねこのけいさん

  • 絵本
作・絵: 浅沼 とおる
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ねこのけいさん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年07月
ISBN: 9784577038956

23×23  24ページ

みどころ

表紙にはこちらをじっと見るネコ2ひき。一体どんな表情なのでしょう?
タイトルには「ねこのけいさん」とあるので、どうやら2ひき並んで一生懸命「けいさん」しているらしいのだけど・・・。
物語は、はらぺこのネコ2ひきの前を、魚釣りの道具を持ったネズミの父さんが歩いていくところから始まります。
「ネズミは1匹、ネコは2匹。でもよく見てごらん、どうやらネズミは魚釣りに行くところ。ネズミが魚を釣ったら
ネズミが1匹、魚が1匹、わけられる。でも、もしネズミが魚を2匹釣ったら?」
さぁさぁ、ネコたちの皮算用が始まります。結果はどうなる?
お腹が減って情けない顔をしていたネコたちが、自分たちの都合のいいように計算していく様子、だんだんと生き生きとしてくる表情の変化をじっくりご堪能ください。あまりに一生懸命なネコ2ひきと、あまりにほのぼのとしているねずみの一家。このギャップがたまりません。更に裏表紙の絵を見て思わず吹き出しちゃったりして!
なかなか洒落のきいたセンスある一冊なのです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ねこのけいさん

出版社からの紹介

はらぺこのネコたちが、魚つりに行くネズミを発見。「もしネズミが魚を3びきつったら…」2匹の皮算用が始まります。はたして今日の晩ごはんは、ネズミ1ぴきに、魚何びき?

ベストレビュー

1プラス奇数=偶数

お間抜けなネコさんの表情がいいですね。
釣り道具を持っているねずみを見て
釣りに行くとばかり思い込んでしまっていますが
実は家路につくところだったんですね。
二匹のネコさんは気付かないまま
お話は終わってしまいました。

二匹の猫はねずみと魚の数を計算しています。
この計算は「たくらみ」とも言えます。
ねずみ1匹プラス○匹。プラス3プラス5・・・・
1に奇数をプラスすると二人で分けられる偶数になります。
算数や計算に取り掛かる前の子どもに
真っ白な状態でこの絵本を読んであげれたらいいなと思います。
我が家では下の子にベストマッチでした。
(事務員さん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

浅沼 とおるさんのその他の作品

どんぐりにんじゃと たいほう / くらべてなるほど!しんかんせん / どんぐりにんじゃ / へんしんデパート / おやすみ ペンギン / ぼくとソラ



イギリス発・なかよし兄妹の絵本シリーズ

ねこのけいさん

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット