くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
たぬきのばけたおつきさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

たぬきのばけたおつきさま

  • 絵本
作: 西本 鶏介
絵: 小野 かおる
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年07月15日
ISBN: 9784790252283

4歳から

出版社からの紹介

心優しいたぬきの男の子が、大好きなたぬきの女の子のためにしたこととは…。大ベテランの作家と画家の見事なコンビネーションで、目の奥がジーンと熱くなる感動的なお話です。

たぬきのばけたおつきさま

ベストレビュー

たぬきがかわいくて、抱きしめたい!

小野かおるさんの絵が好きです。
なんだか、心がぽっとあったかくなるタッチだなあって
いつも思っています。
この絵本のたぬきもまたかわいらしくて
抱きしめたくなります。
キャラクターのようなぐりっとしたかわいらしさではないけれど、
なんともいえない表情と質感がたまりません。
心優しいたぬきなんだろうな〜と思います。
お話の内容も感動的で、思わず読み聞かせしながら
涙が出そうになりました。
ラストのシーンで、おまわりさんとたぬきたちが手を取り合う
場面があるのですが、ここは本当に心和みます。
子供もじっと聞いていました。
楽しい愉快な本も好きな娘ですが、
こういうしっとりしたお話も好きなようで
何度か繰り返し読まされました。
(はっしゅぱぴーさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西本 鶏介さんのその他の作品

12つきのおくりもの / ヘンゼルとグレーテル / さんびきのくま / あかずきん / ミツバチぎんの おくりもの / シンデレラ

小野 かおるさんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 ねずみのおよめさん / こんや、妖怪がやってくるー中国のむかしばなしー / トン・ウーとはち / くまさん くまさん おはいんなさい / みぎあしくんと ひだりあしくん / 西のくま東のくま



『ふつうの主婦が見つけたやる気のエンジンのかけ方』朝山あつこさんインタビュー

たぬきのばけたおつきさま

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット