ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ぼくらは闘牛小学生!―牛太郎とともに、中越地震から立ちあがった子どもたち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくらは闘牛小学生!―牛太郎とともに、中越地震から立ちあがった子どもたち

  • 児童書
作: 堀米 薫
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「ぼくらは闘牛小学生!―牛太郎とともに、中越地震から立ちあがった子どもたち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年08月30日
ISBN: 9784333025022

小学校中学年から

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

新潟県小千谷市の東山小学校に、2002年、めずらしい新入生がやってきました。それは、体重が300キログラムもあるオス牛の牛太郎です。地域の伝統文化である「小千谷闘牛」を学ぶため、小学校で闘牛を飼うことになったのです。牛太郎と子どもたちは、小千谷闘牛に出場を重ね、絆を深めていきました。ところが2004年10月23日、震度6強の中越地震が小千谷を襲います――。半年におよぶつらい避難生活の中、小千谷の人々と子どもたちは、闘牛を復活させようと奮闘します。また、その思いが人々の心の絆となり、復興をとげることができたのです。牛太郎と子どもたちの9年間を追う、感動のノンフィクションです。

<ここがポイント>
・牛太郎と子どもたちを応援したくなる!
・闘牛のしきたりなど、初めて知ることがいっぱい
・地震から立ちあがる姿に勇気を得られる

<編集者から>
著者の堀米薫さんは、自身も宮城県で牛の肥育農家を営んでいます。この本の原稿を書き上げたあと、3月11日に発生した東日本大震災で被災しました。小千谷の人たちが中越地震に遭い、困難な避難生活の中でも牛の命を守りつづけた思いを、なぞるように体験したそうです。小千谷の人たちは、伝統文化である闘牛を復活させたいという強い思いで、助け合い、励まし合って復興をとげました。その姿を本書を通して伝えることが、東日本大震災の被災地たちへのエールになるように、心から願っています。

ぼくらは闘牛小学生!―牛太郎とともに、中越地震から立ちあがった子どもたち

ぼくらは闘牛小学生!―牛太郎とともに、中越地震から立ちあがった子どもたち

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


堀米 薫さんのその他の作品

仙台真田氏物語 幸村の遺志を守った娘、阿梅 / モーモー村のおくりもの / 思い出をレスキューせよ! / 命のバトン 津波を生きぬいた奇跡の牛の物語 / 林業少年 / チョコレートと青い空



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

ぼくらは闘牛小学生!―牛太郎とともに、中越地震から立ちあがった子どもたち

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット