星のひとみ 星のひとみ 星のひとみの試し読みができます!
絵: せな けいこ 文: 石井 睦美 原作: サカリアス・トペリウス  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
せなけいこ幻の原画が復活! クリスマスイブにおこった、美しい冬の物語
レイラさん 50代・ママ

クリスマス前夜
フィンランドのトぺリウスの代表作ですね…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
木いちごの王さま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

木いちごの王さま

作: サカリアス・トペリウス
絵: 山脇 百合子
訳: 岸田 衿子
出版社: 集英社 集英社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2011年02月
ISBN: 9784087814644

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

子どもの頃に読んでいたような

図書館の新刊コーナーで見つけました。

赤の表紙と文・きしだえりこ、絵・やまわきゆりこという文字に惹かれて読んでみました。

原作は、フィンランドの作家サカリアス・トペリウスだそうです。

テッサとアイナが摘んできた木いちごを洗っていると、その中に虫がいて、二人は虫を助けてやりました。

その後、二人が森の中で帰れなくなると不思議な出来事が起こります。

まるで魔法のような。

『ディンマリンのおはなし』を読んだ時も思ったのですが、こうした昔話風のお話には、

気立てがよくて優しくてという主人公が多く出て来ます。

今時の絵本だともっとひねった展開にするのでしょうけれど、素直なお話というのは、実は物語の王道なのではと最近思うようになりました。

優しい素直なお話を読んでいると、読んでいると自然に読み手の心も素直になるような気がします。

子どもの頃によく読んでいたようなとてもかわいいお話だなあと思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


サカリアス・トペリウスさんのその他の作品

星のひとみ / 氷の巨人 コーリン

山脇 百合子さんのその他の作品

はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに / ねこどけい / みかん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 9> / いちくん にいくん さんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 1> / うさぎのにんじん <復刊傑作幼児絵本シリーズ 5> / 狐物語

岸田 衿子さんのその他の作品

赤毛のアン / かぐ、あじわう / おにまるのヘリコプター <復刊傑作幼児絵本シリーズ 13> / みんな にげた / さんぽ だいすき / おいしいものつくろう



『語りかけ絵本 どんぐり』こがようこさんインタビュー

木いちごの王さま

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット