ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
震度7
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

震度7

作・絵: 松岡 達英
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2005年04月
ISBN: 9784591085929

小学校高学年〜
サイズ :23cm x 18.5cm ページ数 :79ページ

出版社からの紹介

観測史上初の震度7を体験した絵本作家と川口町の人々。いのちやわが家を奪っていった地震は、同時に人間のきずなを教えてくれた。

ベストレビュー

地震の体験

新潟県中越地震の体験記でした。
文章・絵の他に、写真も掲載されていて、ドキュメンタリー感覚で読めました。
地震に備えるポイントはもちろんのこと、地震後の避難生活の注意点も書かれていることが、他の本と違っていたと思います。
やはり、実体験からのアドバイスは、参考になりますね。
(なしなしなしさん 30代・ママ 女の子8歳、女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松岡 達英さんのその他の作品

いのちのひろがり / カエルくんのだいはっけん! / よるになると / いけのおと / さとやまに はるがきた / 山猫たんけん隊



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

震度7

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット