くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
えいごえほんぞうさんのピクニック
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

えいごえほんぞうさんのピクニック

  • 絵本
作・絵: 村上 勉
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1993年04月
ISBN: 9784251098191

3歳から
32ページ

出版社からの紹介

“えいごをはなそう”をテーマに、初歩の英会話をとりあげました。発音もかたかなで表してあり、簡単に話せます。

ベストレビュー

英語がわからなくても楽しめる!

2歳の息子がいっときめちゃくちゃハマっていた絵本です。
ゾウの家族がピクニックに出かける一日を、簡単な英会話と日本語でストーリー仕立てにしてあります。英語自体はとても簡単な文章にしてありますし、単語も身近なものが多く、日本語標記もあるので英語が苦手でも問題なく読めます。
イラストがとっても味があるし、途中に迷路のシーンがあったりとあきないように工夫されていると感じました。
息子は英語にどれだけ親しんでいるかは不明ですが、アルファベットをなぞったり、迷路でゲラゲラ笑ったり、私が適当な発音で英語をしゃべっていても気にせず喜んで聞いていました。
決してこの本で英語が上達云々ではないと思いますが、
子どもが親しむにはとってもよくできているかなと思います。
(たっちママさん 30代・ママ 男の子2歳、)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


村上 勉さんのその他の作品

かぜにもらったゆめ / プー通りの家 / 絵本・世界の名作 ドン・キホーテ / 角川文庫 クマのプ― / コロボックル ぬりえ / コロボックルに出会うまで



『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

えいごえほんぞうさんのピクニック

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット