ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
家族で語る食卓の放射能汚染
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

家族で語る食卓の放射能汚染


出版社: 同時代社

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「家族で語る食卓の放射能汚染」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

こんなことを考える日が来るとは

チェルノブイリ事故後に書かれたものの増補改訂版です。

やはり食に関する関心は高いのか図書館で予約待ちでした。

福島の事故で汚染水が海に流された頃から食に関する不安な気持ちを持ち始めました。

それからチェルノブイリ、原発事故に関するものを20冊以上読み続けました。

チェルノブイリでは汚染がヨーロッパ全土におよび食べるものに困ったそうです。

今は汚染牛の問題が全国的な問題になってしまいました。

毎日、子どもの読み聞かせをしているものの、まだ小学生の子どもを持つ親としては毎日の食のこと、給食の安全、暫定基準値の高さなど気になることばかりです。

子どもにも本当のことを知らせたいし、自分も子どもを守るために本当のことを知りたいと思って手にした一冊です。

うちでは放射能に関することは夫婦の共通理解にしたいので、夫婦で読んでいます。

この題名は「家族で語る‥」です。でも本当のことを言ったら家族で語りたくなかった。

読んでもまだ難しい部分はありますが、これを読んで勉強したいと思いました。

ベクレルからシーベルトに勘算する方法も載っているので参考になりました。

ベクレル、シーベルト、セシウムから早く解放される日が来てほしいと思います。

『食卓にあがった死の灰』(講談社現代新書)と共に、食べ物の安全について考えたい時に読むと参考になります。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




西内ミナミさん、編集者・本多慶子さんインタビュー

家族で語る食卓の放射能汚染

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット