しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
うさぎを食べないわけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うさぎを食べないわけ

  • 児童書
作: きむら ゆういち
絵: 山下 ケンジ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

「うさぎを食べないわけ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

うさぎが大好物のおおかみ・ゴンノスケ。そんなゴンノスケの目の前に、なぞめいたうさぎが1匹。なんとなくなつかしさを感じるゴンノスケですが……。とうとう運命の相手と出会ったゴンノスケ! さて結末は……!? シリーズ完結編!!

・作/きむらゆういちさんからのメッセージ

 ゴンノスケシリーズがついに完結です!
 思えば今から29年前のこと、夜ベッドに入って眠ろうとすると、突然オオカミとウサギの話が頭の中に浮んで来ました。依頼されてもいないのに次々に浮かんでくるストーリーが自分でも面白くて、ベッドから飛び起きるとすぐに原稿用紙に書き付けたのが始まりです。
 その後もこのオオカミとウサギの話は、ボクの頭の中に住み続け、いくつかのエピソードをいろいろな雑誌に発表していったのです。
 この世界をかたちにしたいという思いを実現させたのがこのゴンノスケシリーズです。
 このとき、初めて“ゴンノスケ”という名前をつけ2003年に第1巻が発行されました。以来、お芝居になったり、イベントで朗読されたりしながら、巻を重ね、そしてついに8年の歳月をかけて今回全8巻の完結の日を迎えたのです。
 ボクにとっては感慨もひとしお、ぜひこのゴンノスケをいつまでも可愛がってやって欲しいと願っています。

・絵/山下ケンジさんからのメッセージ

怒濤の大団円!!
どうにかゴンノスケも落着いたようです。
さびしくなりますね。
長い間お付き合いをさせていただきました。
あっという間だった気もします。
原稿を受け取ってから本が出来上がるまで、いつもハラハラドキドキ。
とても楽しかった。感謝しています。
読み返せば、どの話も身につまされる思い。男子として……。
いつかまた違うゴンノスケに会えることを楽しみに。
まだまだ沢山の『想い』が、きむらさんの胸の内に詰まってるはずですから。
“食いてぇ〜!”
あれ? 空耳?

うさぎを食べないわけ

ベストレビュー

再登場?

シリーズ完結の巻なんですね。
それと知らずに読んでしまいました。
おそらく再登場らしきキャラクターが出るのですが、私はその巻を読んでいないので残念でした。順番通りに読んだほうが良かったな。そのキャラクターの説明はこの巻中でもなされているのですがやはり先にそのお話を読めばより一層楽しめただろうなー。
面白かったし、ラストも満足なラストなので他の巻をすべて読んでからまたこの巻を読めば評価がさらに上がると思います。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子2歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


きむら ゆういちさんのその他の作品

いもさいばん / ほっとほっとホットケーキ / オオカミのはつこい / おでかけ版 こちょこちょあそび / 完全版 あらしのよるに / あっかんべろ〜ん

山下 ケンジさんのその他の作品

おおかみ・ゴンノスケの腹ペコ日記7 うさぎは食べごろ / おおかみ・ゴンノスケの腹ペコ日記6 すごいうさぎに気をつけろ / へのかっぱ / おおかみ・ゴンノスケの腹ペコ日記 5 うさぎなんて食べたくない / おおかみ・ゴンノスケの腹ペコ日記4 おじょうさまうさぎに気をつけろ / ジロがなく



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

うさぎを食べないわけ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット