ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
風の館の物語(4)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

風の館の物語(4)

  • 児童書
著者: あさの あつこ
画家: 百瀬 ヨシユキ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「風の館の物語(4)」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年02月
ISBN: 9784062832175

サイズ:A5判 ページ数:248

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

封印された真実が解き明かされた時、太古の風の精が吹き荒れる!
魂を揺さぶる感動のラスト、シリーズ最終巻!

人と人でないものが共に住める「風の館」を狙い、得体の知れない闇が襲いかかる。共存か、対決か――。館と愛する人たちを守るために、洵は最後の戦いに挑む!

ベストレビュー

共存ということ

よくわからない相手で
どうも悪意があり
やられる・・・

そんな状況下で、果たして「共存」という
形を思いつくのかな・・・と
洵を尊敬してしまいます

どんな時も冷静な琴音さんも
今回は、揺らぎます

だってずっと守ってきた
風の館に「火を点ける」ということをするのですから・・・

たまげました

電気が使えない
電話が通じない
外に出れない
状況下で、その方法ですか・・・
それは、過去やあらゆるものへの決別も
意味しているのでしょうか

過去を振り返り、きちんと清算し
きちんと前を向く琴音さんを
しっかり見ていることによって
洵はすばらしい成長をしたことでしょう

子を思う母親
愛する人への気持ち・・・
それらを想像する思春期の子どもの気持ち
の代弁のようです

いろんな人との関わりがよかったです
(しいら☆さん 40代・ママ 男の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


あさの あつこさんのその他の作品

くつの音が / ひつじの王さま / おしごとのおはなし お医者さん ママはお医者さん / 角川つばさ文庫 ミヤマ物語(1) だれも知らない世界 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(3) 館を狙う物 / 講談社青い鳥文庫 風の館の物語(2) 二つの世界

百瀬 ヨシユキさんのその他の作品

風の館の物語(3)  / 風の館の物語(2) / 風の館の物語(1)



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

風の館の物語(4)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット