宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
「さやか」ぼくはさけんだ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

「さやか」ぼくはさけんだ

  • 絵本
作: 岩瀬 成子
絵: 田島 征三
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「「さやか」ぼくはさけんだ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年12月
ISBN: 9784333023110

22×16cm 96ページ

出版社からの紹介

泣き虫のときおには、親友の強い少女・さやかがいる。ときおは、さやかに憧れつつも、劣等感を持っていた。ある日、さやかの母の形見のマフラーを取り上げると…。まばゆいばかりに成長していく少年期を、力強く描く。

ベストレビュー

仲がいいのか悪いのか

岩瀬成子/田島征三ときおにとってさやかはどんな子なんだろうか。
仲がいいのか悪いのか。
ついついちょっかいを出したくなるんだけど。
どうもさやかの方が強そうです。
話の中に出てくるいじめは決していいことではないけれど、小学校にありがちな話だとも思えます。
そんな話ですが、子どもたちの心の成長とたくましさが描かれていました。
このたくましさってのも大事なことでしょう。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

岩瀬 成子さんのその他の作品

地図を広げて / ともだちのときちゃん / ちょっとおんぶ / マルの背中 / あまからすっぱい物語 2 おとなの味 / ぼくが弟にしたこと

田島 征三さんのその他の作品

わたしの森に / ぼく、おたまじゃくし? / あめが ふるふる / もりモリさまの森 / オオカミのはつこい / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(7) 古田足日子どもの本



大人気シリーズ第二弾「家族がいるって、どんなかんじかな」

「さやか」ぼくはさけんだ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット