うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
からだこころげんき かぐかぐ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

からだこころげんき かぐかぐ

  • 絵本
作: カムカムズ
絵: ささめや ゆき
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「からだこころげんき かぐかぐ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年
ISBN: 9784569684642

幼年・小学初級向
A4判変型上製 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「嗅ぐ」という行為を、いろんな角度から見つめた科学絵本。

普段あまり意識せずにしている行為にもかかわらず、「嗅ぐ」という行為は生きていくのに大変重要なことです。こげたにおいで危険を察知したり、お母さんのにおいをあかちゃんが感じたり、腐った食べ物をかぎ分けたりしているということ。お父さんお母さんなど親しい人と一緒にいるとほっとできるのも、知らず知らずのうちにそれらの人の持つにおいを感じとっているからでもあるのです。この絵本では、かぐかぐやひめというキャラクターを使って、嗅ぐというのは、どんな風に生活にかかわっているのかを楽しい絵で解き明かしていきます。

また嗅ぐ行為は、訓練することで発達することも知られています。楽しい思い出とにおいが結びついて記憶されれば、においだけで楽しい思いがよみがえってくることもあります。こんな風に、不思議で面白い「嗅ぐ」をよくよく見て生活を更に豊かにしていきましょう。

ベストレビュー

素敵な「かぐかぐ」の思い出

以前紹介したことのある『かむかむ』の続編(?)です。
かむかむも面白かったけど、これはかむかむ以上に面白かったです。
進行役はかぐかぐ姫。彼女のしゃべりが何ともいえず、魅力的でした。
かぐかぐ姫の好きな遊び、クンクンと物をかぐこと。その遊びを通じて、においがあるから、食べ物を味わえること。臭いにおいが危険を知らせてくれることなどを教えてくれます。
中でも、「かぐかぐすればするほど、どんどんあたまのなかにたまっていくの。あたまのなかにたまったにおいは、そのにおいを かいだときのおもいでを よみがえらせてくれるのよ。」って、ところにジーンとしてしまいました。
皆さんも、こういうにおい(かぐかぐ)の思い出って、あるでしょ?
最後、読み終えると、とても清々しい気分になれて、この絵本に出会えてよかったなって、気持ちになりました。
お勧めです!
(てんぐざるさん 30代・ママ 女の子9歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


カムカムズさんのその他の作品

にぎにぎ / からだこころげんき かむかむ

ささめや ゆきさんのその他の作品

おとうさんは、いま / 三方一両損 / バイバイ、わたしの9さい! / なかよくなれたね / 椅子 しあわせの分量 / あひるの手紙



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

からだこころげんき かぐかぐ

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット