ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
ココ、きみのせいじゃない はなれてくらすことになるママとパパと子どものための絵本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ココ、きみのせいじゃない はなれてくらすことになるママとパパと子どものための絵本

  • 絵本
作: ヴィッキー・ランスキー
絵: ジェーン・プリンス
訳: 中川 雅子
出版社: 太郎次郎社エディタス

本体価格: ¥1,300 +税

「ココ、きみのせいじゃない はなれてくらすことになるママとパパと子どものための絵本 」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2004年04月
ISBN: 9784811807133

AB判・上製 36ページ

出版社からの紹介

この本は、子どもが親の離婚という転機を受けとめるのをサポートする本です。
離婚を考えている親のための本でもあります。
物語とともに、各ページに両親のための具体的なヒントとアドバイスがあります。
この本のなかに、子どもたちはきっと見いだすでしょう。親の離婚という経験をともに乗り越えてくれる友だちを。
主人公のココが、ぼくの、わたしの気持ちをわかってくれているということを。
そう、主人公のこぐまのココは、男の子でも女の子でもないユニセックスな存在です。
ココをとおして子どもたちは、新しい生活と、そして自分の気持ちとうまくつきあう方法を見つけていくでしょう。


■おもな目次

子どもに離婚を告げるとき
別れのショックととまどい
電話したい想いを切らないで
子どもの感情のあるがままを
よりよい経過のために
「ふつうの家族」って?
学校への報告は気が重いでしょうが
離婚後も子育てのパートナーとして
時間がたてばいまの不安も
夫婦の別れは親子の別れではない
あなたはきらいな相手でも
別れた相手の悪口は
わりきれない思いはわかりますが
いい時間を重ねることこそが

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




ねえ、「コワイ」って、もってる?

ココ、きみのせいじゃない はなれてくらすことになるママとパパと子どものための絵本

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット