もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
干潟のくちばしじまん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

干潟のくちばしじまん

  • 絵本
文: 今宮 則子
絵: 小島 祥子
監修: 今泉 忠明
出版社: 星の環会 星の環会の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2011年09月02日
ISBN: 9784892945106

読んであげるなら4歳から
一人で読むなら小学校低学年から
255×210mm 24ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

この絵本では、鳥たちのくちばしの形と食べている生き物の関係に焦点をあてました。
同じ場所で同時に多くの鳥たちが一緒に食べ物を食べても、それぞれのくちばしに
合ったものを食べているために争いにならないということがテーマです。
さらに、その干潟に鳥たちの食べるいろいろな生き物が多様にいる、ということも
大切なメッセージです。 この絵本を読んで、一人でも多くの子どもたちが干潟や
水鳥たちの暮らしに興味を持ってくれれば嬉しいですし、また、自分たちを振り返って、
誰もがみんな人と違っていていいんだ、自分の場所が必ずあるんだ、
ということにも気づいてほしいと願っています。

干潟のくちばしじまん

ベストレビュー

くちばし

表紙が気に入ったのでこの絵本を選びました。様々な種類の鳥が登場するので楽しく読むことが出来ました。くちばしがなぜそれぞれ違っているのかを分かりやすく説明しているのが良いと思いました。写実的に描かれているので自然の中に実際に出て行ったときも学習しやすいと思いました。
(ぴょーん爺の娘さん 30代・ママ 女の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

小島 祥子さんのその他の作品

多摩川のおさかなポスト / 語りおじさんのベトナム民話

今泉 忠明さんのその他の作品

泣けるいきもの図鑑 / おもしろい! 進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典 / はじめてのどうぶつのおやこ 100 / なぜ?の図鑑 ネコ / ビジュアル解説! 毒をもつ生き物図鑑 / 絶体絶命!危険生物ワールドを攻略せよ! 学研まんが 科学ふしぎクエスト



『1日7分の絵本で子どもの頭はみるみる良くなる!』浜島代志子さん×金柿代表

干潟のくちばしじまん

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット