しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
娘よ、ここが長崎です (新装版)
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

娘よ、ここが長崎です (新装版)

作: 筒井 茅乃
絵: 松岡 政春・保田 孝 写真
出版社: くもん出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年07月
ISBN: 9784774312415

小学中級から
たて20.5cm×よこ15.5cm/A5判縦  208ページ

出版社からの紹介

戦争の悲惨さ 平和の尊さをわすれないために

ベストレビュー

限りない愛情

絵本ナビで、原爆の本を検索していた時に伝記の『永井隆』の本に出会いました。

長崎原爆の前に白血病の告知を受け、原爆で被爆した中でも被爆者の医療にあたったという永井医師。

思うように動けなくなった頃からは、執筆という形で原爆のことを世のなかに伝えました。

永井医師の本をもっと読みたいと思って調べていたところ、永井さんの遺児・茅乃さんの本を見つけました。

伝記とは違い、父親としての永井隆像が浮かび上がります。

最も心に残ったエピソードとしては、茅乃さんの入学式におばではなく、兄である誠一さんを行かせたことです。

茅乃さんの母は原爆で亡くなって、永井さんは病床ということなので、おばさんがいくのは不自然ではないと思うのですが、親のない子として生きて行くことを、永井さんご自身は考えられていたようです。

娘さんの本からは、永井さんのその生き方に凛とした厳しさと限りない愛情を感じました。

戦争・原爆のこと、語り継ぐ大切さを思いました。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

娘よ、ここが長崎です (新装版)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット