バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
ねずみのすもう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねずみのすもう

  • 絵本
文・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 絵本ムービーを見る(日本語版)

プレミアムサービスに登録すると絵本ムービーが見放題!

発行日: 2011年08月
ISBN: 9784323037295

幼児
28.6×22.6cm・32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おじいさんちの「ちびねずみ」は、なげとばされても なげとばされても、
ちょうじゃさんちの「でかねずみ」にむかっていきました・・・・・・。

おじいさんの家のちびねずみは、長者の家のでかねずみに相撲で挑みますが勝つことができません。
かわいそうに思ったおじいさんは、大切な餅を食べさせて応援します。
ケチな長者は餅などくれないと嘆くでかねずみにも、餅をわけてやります。
心優しいおじいさんに、でかねずみがお礼に運んできたものとは?

ベストレビュー

優しい気持ちになれました・・・・・

貧乏なじいさまとばあさまの家に住むちいさいねずみは、お金持ちの家に住むおおきいねずみと相撲をとってもいつも負けてしまいます。それを不憫に思ったじいさまとばあさまは、自分たちが食べようと思っていたもち米でお餅をついてちいさいねずみに食べさせてあげます。子供や孫にならともかく凄く優しいなあと思いました。おおきいねずみにも餅と、まわしまで作ってあげるなんて・・・・・・   私には、できそうにないですが、読んでいて優しい気持ちになれました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いもと ようこさんのその他の作品

どんぐりと山猫 / たんぽぽのおかあさん / イソップどうわ / ラプンツェル / 3びきのこねこ / ピノキオ



どんな子の口もあーん!はみがきれっしゃがやってくる

ねずみのすもう

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット