貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
ベニーはおにいちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ベニーはおにいちゃん

作: バルブロ・リンドグレーン
絵: オーロフ・ランドストローム
訳: うらたあつこ
出版社: ラトルズ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ベニーはおにいちゃん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

おにいちゃんになったら・・・

知り合いの方に勧められて読みました。

うちの子は3歳3ヶ月ですが、眠くなると指しゃぶりをします。保育園の前をおしゃぶりをくわえたまま走るベニーに、園児達は「大きいのにおしゃぶりしゃぶってる!!」というところがあります。そこを読むとさっと指しゃぶりをやめる息子。「恥ずかしい」と思っているんだと実感しました。

弟のおしゃぶりを奪い取ってしまったけど、弟の泣き声がきこえると一目散に帰っておしゃぶりをわたすベニー。うちもおにいちゃんになればおしゃぶりをやめるかしら。

弟が生まれてうれしいけれど、おしゃぶりができなくなる。おにいちゃんになろうとしているベニーの複雑な気持ちが伝わってくる本です。
(ぱぴ☆ちわさん 40代・ママ 男の子2歳4か月)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

バルブロ・リンドグレーンさんのその他の作品

ハンスぼうやの国 / わたしはわたし / スンカンそらをとぶ!

オーロフ・ランドストロームさんのその他の作品

ベニーいえでする

うらたあつこさんのその他の作品

スウェーデンの森の昔話 / 馬小屋のクリスマス



『ペネロペのおうち』編集者 増井麻美さん インタビュー!

ベニーはおにいちゃん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット